姫路市「キャスティ21」内の文化コンベンションセンター整備、イメージ公表 画像 姫路市「キャスティ21」内の文化コンベンションセンター整備、イメージ公表

インバウンド・地域活性

 兵庫県姫路市は、JR姫路駅東側の再開発地区「キャスティ21」のイベントゾーン内(神屋町、約3・6ヘクタール)に計画している文化コンベンションセンターの外観イメージを公表した。文化ホールと練習室、会議室(多目的ホール)をそれぞれ大・中・小の3タイプ設けるほか、屋内外に展示場を配置する。現在は実施設計を日建設計が進めている。
 施設規模は、文化・交流施設(北側)がRC・S造地下1階地上6階建て延べ2万2655平方メートル、コンベンション・展示施設(南側)がRC・S造3階建て延べ1万2871平方メートル。東側の駐車場(約400台)は、基本設計段階ではS造3階建ての立体駐車場だったが、平面駐車場に変更となる。
 文化ホールの座席数は、大ホールが約2000席(集客性の高い公演など)、中ホール約700席(演劇ほか文化芸術活動など)、小ホール180席(市民利用など)。リハーサルに使用する約270平方メートルのメインスタジオも設ける。
 練習室は大1室、中2室、小3室で、会議室は大3室、中5室、小2室。展示場の規模は屋内が約4000平方メートル、屋外が1600平方メートル。
 西側に隣接する1号公園などの周辺施設も一体的に整備する。JR姫路駅から1号公園とデッキを利用して最短到達できる歩行者動線を確保し、西側にエントランスを配置する。
 予定では17年度内に実施設計を完了し、18年度9月議会案件として工事を発注する。同年度半ばに着工し、20年度末の完成を目指す。総事業費は約230億円。
 基本設計は昭和設計が担当した。

兵庫県姫路市/文化コンベンションセンター整備/18年9月議会案件で工事発注へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  7. 静岡クラウンメロンカレー……分量の2割が高級メロン成分

  8. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  9. 「みかんブリ」で地域活性!宇和島プロジェクトの秘策

  10. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

アクセスランキングをもっと見る

page top