サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス 画像 サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

IT業務効率

 インバウンド需要の拡大、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックといった要因から、「おもてなし」がキーワードとして注目されている。さらに、IT/IoTを活用した「おもてなし2.0」とでもいうべきサービスや製品が、飲食業・旅行業・物販業の領域で、多数登場しつつある。本連載はそうした最新事例を紹介するなかで、IT導入のための参考としてもらうことを目的としている。

 今回は、人事コンサルティング会社「あしたのチーム」が提供する、クラウドを活用した人事評価システム「ゼッタイ!評価(R)」について、株式会社パブリック・ベースボールクラブ徳島 徳島インディゴソックス 代表取締役 南啓介氏に話を聞く。

 野球界の人材育成、スポーツ界の裾野拡大、地域活性化と地域貢献を目的として設立された『四国アイランドリーグplus』に所属する徳島インディゴソックスは、選手育成の一環として「ゼッタイ!評価(R)」を導入。プロ野球界では初となる人事評価システム導入ということで注目を集めている。

 クラウドによる人事評価システムを導入することで何が得られたのか? プロスポーツと人事評価の新しい関係について先駆者の挑戦が教えてくれることとは?

■独立リーグ優勝はゴールではない

――独立リーグ日本一、おめでとうございます。いまどんなお気持ちでしょうか。

今回の優勝は長期的な経営計画におけるプロセスの中のひとつなのです。つまり私の感覚では優勝はゴールではないということです。

――南さんは経営者として何が優勝に貢献したとお考えですか。

昨年から選手のスカウトーービジネスで言うところの「仕入れ」ーーに力を入れ始めたことでしょうか。活躍できる可能性を秘めた選手や、まだまだ成長の伸びしろがありそうな選手を見極めてスカウトしています。

■選手が自分で立てた目標を「ゼッタイ!評価(R)」で見える化する

――「ゼッタイ!評価(R)」を使ってどんな人事評価をされているのですか。

直接、給料に響くような評価という使い方はせず、自己実現のために行動目標を決め、目標に対してどういう行動をとるかというところに重点を置いています。選手が自分で立てた目標を「ゼッタイ!評価(R)」で見える化し、目標に対して責任を持って行動してもらうということです。

――導入した時の選手たちの反応を教えてください。

人事評価は一般企業では当然ですが、野球選手は高校や大学から上がってきて社会経験がない場合が多い。ですから何が当たり前なのか、何が新しいのかということが分かっていない部分があります。先入観として「評価に直結するんじゃないか?」という戸惑いはあったかもしれませんが、そこは違うということを説明しました。

――評価の具体的な流れを教えてください。

まず2月から3月頃に選手自身が目標設定をします。6月に前期シーズンが終わったタイミングで、目標に対して達成できたかを自己評価し、そこに監督やコーチの評価を入れていきます。そこから後期の目標を立て、前期で達成できなかったものについては継続してチャレンジし、達成できたものについてはワンランク上の課題を与えています。

一般企業でやっている上長との面談が監督やコーチに置き換わるくらいで、野球チームだからといって特別なことをしているわけではありません。ただしあしたのチームでマスター化されているコンピテンシー(行動指針)については、選手育成のために我々の球団用に変えてもらいました。

「1.親密性/ユーモア」:心温まる対応・気のきいた行動で、チームのファンを増やしている
「2.誠実さ」:野球やチームメイト、ファンに対して、まじめに真摯に打ち込んでいる
「3.自律志向」:自らの立てた目的に従って行動している
「4.徹底性」:自分やチームで決めたことは最後まで継続させる
「5.ビジネスマナー」:常に身だしなみに注意を払い、あいさつやファン、マスコミ、スポンサーの受け答えを適切に対応する
「6.理念・方針の共有」:球団の理念・方針、新しいやり方をわかりやすくチームメンバー・スタッフに理解させ、実行させる

の6つの行動指針です。


《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  2. 西日本高速会社が半断面床版取替工法を試験施工。高速道路では初

    西日本高速会社が半断面床版取替工法を試験施工。高速道路では初

  3. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  4. 【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

  5. ~定額制ビジネスに勝算あり:3~少子化の今こそ子どもにフォーカス!

  6. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】軽減税率でPOSの導入が必須に? 知っておきたいPOSレジシステム最新事情!

  7. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  8. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  9. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  10. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

アクセスランキングをもっと見る

page top