川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定 画像 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

インバウンド・地域活性

 ピーアンドディコンサルティング(さいたま市大宮区、溝口隆朗代表取締役)は、埼玉県川越市が所有するJR・東武鉄道川越駅西口の土地にホテル「東武ホテル川越駅西口駅前(仮称)」=完成イメージ=を建設する。設計者は現時点で公表していないが、基本設計中で、年明けから実施設計に入る。施工者は18年の早期に決定し、同7月の着工、20年3月の完成を目指す。
 建設地は川越市脇田本町8の2ほかの敷地8519平方メートル。建物はホテルと行政施設、店舗などが入る複合施設となる。規模はS造11階建て延べ3万0510平方メートル。川越駅とペデストリアンデッキで接続する。
 ホテルは東武ホテルマネジマント(東京都墨田区、重田敦史社長)が運営する。客室は168室。7階にロビーを設け、8~11階を客室とする。ホテルの開業予定は20年春~夏を予定している。1~6階に行政施設や店舗などが入る。
 ピーアンドディコンサルティングは、川越市が16年度に行った「川越駅西口市有地利活用事業提案競技」で優先交渉権者に選定され、今年7月に市と事業契約を締結。今月に東武ホテルマネジメントと賃貸借予約契約を結んでいる。
 東武グループは、中期経営計画で新規ホテルの拡大を掲げ、20年までに1000室の客室増を目指す。「ザ・リッツ・カールトン日光」「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」の開業が既に決定している。

ピーアンドディコンサル/川越駅前にホテル建設/18年7月着工めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 九州整備局、大分建協/大分県中津市の土砂崩落で緊急対応/リエゾンや重機派遣

  6. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  7. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  8. 【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

  9. 八重洲二丁目北地区再開発/事務所やホテルのほか区立小学校の新校舎も

  10. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top