見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋 画像 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

インバウンド・地域活性

京浜東北線北行・南行のホーム1面と、山手線内回り・外回りのホーム1面を置く品川新駅(仮称。東京都港区)。2020年春の暫定開業をめざし工事がすすむ旧田町車両センターの現場では、品川新駅の骨格や、田町駅寄りにできる京浜東北線北行のオーバークロス高架橋が見えてきた。

田町駅から1.3km、品川駅から0.9kmにできる品川新駅は、地上3階・地下1階の鉄骨・鉄筋コンクリート造。その南側にある品川駅と同じく、山手線(内外回り)島式ホーム、京浜東北線(南北行)島式ホームが並ぶ格好。

いっぽう、北側の田町駅は、京浜東北線北行と山手線内回りの島式ホーム(1・2番)と、山手線外回りと京浜東北線南行の島式ホーム(3・4番)が並ぶ。

こうした配線から、現在も品川を出た京浜東北線の北行き(大宮方面)電車は、田町駅の手前で山手線を高架橋で越えて、最も西側の線路位置へ移り、田町駅1番ホームにつける。

この現オーバークロス高架橋の横で、鉄筋コンクリート製の新オーバークロス高架橋が出現し始めた。

新たな高架線路は、田町駅の南側に架かる札の辻橋(都道409号日比谷芝浦線)からや、高輪大木戸跡交差点付近の路地から、車町児童遊園から垣間見える。
《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 日本の農畜産物、インバウンド向けのお土産に/特産品で活性化

    日本の農畜産物、インバウンド向けのお土産に/特産品で活性化

  3. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

    月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  4. 東京都中央区、都市整備方針を転換/定住人口回復で、ホテルや生活支援施設を後押し

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  7. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業

アクセスランキングをもっと見る

page top