今年の一皿は「鶏むね肉料理」、準大賞は? 画像 今年の一皿は「鶏むね肉料理」、準大賞は?

制度・ビジネスチャンス

 ぐるなび総研(東京都千代田区)は、2017年に最も話題となった食のトレンド「今年の一皿」に、「鶏むね肉料理」を選んだ。高タンパク質・低脂肪の食材で、健康意識の高まりから外食や家庭での利用が進んだことが、選考の決め手となった。

 授賞式には、鶏肉の主産地である鹿児島県の三反園訓知事が駆け付け、「日本の鶏肉の良さを、国内や世界にどんどん発信していきたい」と受賞を喜んだ。養鶏や食品加工などの事業を行うナンチクファーム(鹿児島県曽於市)は、産地を代表して出席。北野良夫社長が「生産者も大変喜んでいる。ムネ肉を使った生ハムなど加工品を開発したい」と意欲を見せた。

 準大賞には炭酸市場の伸長を受けて「強炭酸ドリンク」が、急上昇ワード賞には飲食店検索サイトのぐるなびで検索数を増やした韓国料理の「チーズタッカルビ」が選ばれた。

 「今年の一皿」の選定は今年で4回目。その年の流行や世相を反映しているか、後世に受け継ぐ文化的な価値があるか、などが審査基準となる。過去には「パクチー料理」(16年)、「おにぎらず」(15年)、「ジビエ料理」(14年)が受賞している。

今年の一皿 鶏むね肉料理 健康意識高まり支持拡大

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

    ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

  2. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

    宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  3. 豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

    豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  6. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  7. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  8. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  9. 新たな投資対象はホテル…インバウンド受けファンドなど相次ぐ

  10. 国交省、不動産投資市場の成長戦略作り、来春に中間まとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top