外国メーカー車販売台数が20年ぶりに30万台超へ 画像 外国メーカー車販売台数が20年ぶりに30万台超へ

制度・ビジネスチャンス

2017年の外国メーカー車の販売台数が20年ぶりに30万台を超える見通しとなった。

日本自動車輸入組合がまとめた11月の外国メーカー車の新車販売台数は前年同月比8.0%増の2万5770台と好調に伸びた。このため、2017年1~11月累計の外国メーカー車の新車販売台数は前年同期比3.6%増の27万4595台で、2017年通年の販売台数が30万台を超える見通し。

メルセデスベンツやBMW、MINI、ボルボの販売が順調なのに加え、フォルクスワーゲンも回復している。

外国メーカー車販売台数が20年ぶりに30万台超へ 2017年

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

    ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

  2. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

    宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  3. 豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

    豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

  4. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  5. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  6. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  7. 国交省、不動産投資市場の成長戦略作り、来春に中間まとめ

  8. 国交省、インフラ施設への不動産投資信託検討へ、来年度方針決定

  9. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  10. 市場変化に備え……ゼネコン各社が新規分野開拓、海外事業拡大に注力

アクセスランキングをもっと見る

page top