外国メーカー車販売台数が20年ぶりに30万台超へ 画像 外国メーカー車販売台数が20年ぶりに30万台超へ

制度・ビジネスチャンス

2017年の外国メーカー車の販売台数が20年ぶりに30万台を超える見通しとなった。

日本自動車輸入組合がまとめた11月の外国メーカー車の新車販売台数は前年同月比8.0%増の2万5770台と好調に伸びた。このため、2017年1~11月累計の外国メーカー車の新車販売台数は前年同期比3.6%増の27万4595台で、2017年通年の販売台数が30万台を超える見通し。

メルセデスベンツやBMW、MINI、ボルボの販売が順調なのに加え、フォルクスワーゲンも回復している。

外国メーカー車販売台数が20年ぶりに30万台超へ 2017年

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 兵庫県小野市の市場地区新産業団地整備/企業進出ニーズ高く、一部変更へ

    兵庫県小野市の市場地区新産業団地整備/企業進出ニーズ高く、一部変更へ

  2. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  3. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

    ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  4. 食品ロス推計646万トン、15年度外食など事業系増える

  5. 五輪期間中の交通規制、建設業は協力要請に前向き

  6. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  7. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  8. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  9. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  10. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

アクセスランキングをもっと見る

page top