米粉用で普及、血糖値上がりにくい水稲育成/福岡県農総試 画像 米粉用で普及、血糖値上がりにくい水稲育成/福岡県農総試

制度・ビジネスチャンス

 福岡県農林業総合試験場は、生活習慣病につながる血糖値の上昇が緩やかな米粉用の水稲「ちくし粉85号」を育成した。体にほとんど吸収されない「難消化性でんぷん(RS)」を多く含み、一般品種並みに収量を確保できる品種は全国初。炊飯時の食味は一般的な品種に劣るが、機能性の高い米粉として利用できるとして、県は製粉会社と連携して普及を進める考えだ。

 主食用米はRSをほとんど含まないが、「ちくし粉85号」は17・1%含む。吸収される糖質が少なく、血糖値が上がりにくい。同品種の米粉のビスケットを食べてもらう試験では、上昇した血糖値は血液1デシリットル(100ミリリットル)当たり約20ミリグラムで、「ヒノヒカリ」の約半分だった。

 「ちくし粉85号」の収量は県内で10アール当たり466キロで、従来の高RS品種に比べ5割以上も増収。成熟期は同県では晩生で、葉、穂いもちに強いが、茎が長いため倒伏に注意が要る。

 地元の鳥越製粉が米粉を菓子製造業者などに提案し、需要を踏まえて来年度の県内作付けを決める。2020年には4ヘクタールへの拡大を目指している。当面は県内だけでの栽培だが、将来は全国にも普及できるようにするという。同試験場農産部は「米粉用米で転作に取り組む農家の手取り向上につなげたい」と説明する。

 米粉用米は全国で作付けが増えており、農水省によると17年産は前年比55%増の5307ヘクタール。消費者の健康志向や、数量払い交付金などが生産増を後押ししている。

米粉用で普及 10アール466キロ確保 血糖値上がりにくい水稲育成 福岡県農総試

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 兵庫県小野市の市場地区新産業団地整備/企業進出ニーズ高く、一部変更へ

    兵庫県小野市の市場地区新産業団地整備/企業進出ニーズ高く、一部変更へ

  2. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  3. 五輪期間中の交通規制、建設業は協力要請に前向き

    五輪期間中の交通規制、建設業は協力要請に前向き

  4. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  5. 食品ロス推計646万トン、15年度外食など事業系増える

  6. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  7. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  8. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  9. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  10. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

アクセスランキングをもっと見る

page top