日本橋二丁目地区再開発/建物名称「太陽生命日本橋ビル」に 画像 日本橋二丁目地区再開発/建物名称「太陽生命日本橋ビル」に

インバウンド・地域活性

 東京都中央区の日本橋二丁目地区市街地再開発組合は、再開発ビルのA街区(敷地面積2991平方メートル)の建物名称を「太陽生命日本橋ビル」、C街区(敷地面積6023平方メートル)の建物名称を「日本橋高島屋三井ビルディング」に決定した。両街区とも既に着工済みで、A街区は18年1月末、C街区は同6月末の竣工を目指す。
 再開発事業の施行区域は日本橋2丁目で、東西を中央通り、昭和通りに挟まれた約2・6ヘクタール。A~Dの4街区に分けて総延べ約28・6万平方メートル規模の建物群の再開発を行う。参加組合員は三井不動産、太陽生命保険、帝国繊維ら。
 太陽生命日本ビルの建物は地下5階地上27階建て延べ6万0138平方メートルの規模。低層部にエネルギーセンター、上層にオフィスが入る。商業店舗として、「日本橋高島屋S.C.東館(百貨店、専門店)」が入る。施工は大林組が担当。
 B街区(同8364平方メートル)では、重要文化財の高島屋日本橋店(地下3階地上8階建て)を再開発事業のコア施設に位置付け、大規模改修を行う。改修後は「日本橋高島屋S.C.本館」と名称を改める。建物の規模は地下3階地上8階建て延べ7万7977平方メートルとする。施工は竹中工務店が担当。
 日本橋高島屋三井ビルディングは、街区全体で最大規模(地下5階地上32階建て延べ14万8064平方メートル)となる。「日本橋高島屋S.C.新館(専門店)」、事務所、駐車場が入る。北側に隣接するD街区(敷地面積265平方メートル)には、地下1階地上1階建て延べ294平方メートル規模の倉庫を整備する。いずれも施工は鹿島が担当している。
 全体の設計業務を日本設計・プランテックJVが担当している。

日本橋二丁目地区再開発(東京都中央区)/建物名称「太陽生命日本橋ビル」に/組合

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 三重県サッカー協会がスタジアム整備案/Jリーグ加盟チーム発足目指す

  5. 神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

  6. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  7. ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

  8. 食用八重桜「桜の塩漬け」の加工作業がピーク/神奈川県秦野市

  9. 栃木県の総合スポーツゾーン新武道館整備、壁に益子焼など「栃木らしさ」を演出

  10. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

アクセスランキングをもっと見る

page top