日建設計とソフトバンク、次世代スマートビル開発で提携/IoTやAIを活用 画像 日建設計とソフトバンク、次世代スマートビル開発で提携/IoTやAIを活用

IT業務効率

 日建設計とソフトバンクは、IoT(モノのインターネット)と人工知能(AI)、ロボットを活用した次世代スマートビルディングの共同開発に乗りだす。建築と最先端の技術を融合させ、新たなビルソリューションを構築。建物内の人の動きや設備稼働状況をデータとして蓄積し、空調・照明制御や施設内外の配置設計などを最適化する。27日に東京都内で開いた記者会見で、今井康之ソフトバンク副社長兼COOは「ビルの運用費を4割ほど削減できるようになる」と共同研究・開発の意義を語った。
 ソフトバンクが日建設計に業務提携を打診し、スマートビルディングなどの共同研究・開発を進める体制が整った。
 提携する分野は、▽建物内外の人流解析とIoT検知による職場デザイン▽IoTとロボットを導入した次世代スマートビルディング▽IoT検知機を活用した建物のライフサイクルマネジメント最適化。
 両者の知見と技術を掛け合わせ、ビルのエネルギー管理や施設の配置設計、保守・清掃業務などを合理的に行う仕組みを構築する。
 亀井忠夫日建設計社長は会見で「オフィスの知的生産性を高めるための空間づくりや、建物の維持費削減にIoT、ロボットを活用する。ビルのセキュリティーや温度・光環境などファシリティーマネジメントを向上させられる。設計のやり方が大きく変わる」と述べた。
 今井副社長は「新しい建築を一緒に作っていきたい。(開発の成果を)できるだけ早く既存のビルや新築物件に適用する」と話した。さらに「日本で業務提携を加速し、新しい事業をつくっていきたい」とも述べ、国内で企業との提携を積極展開する考えも示した。

日建設計、ソフトバンク/次世代スマートビル開発で提携/IoTやAI活用

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  2. サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

    サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

  3. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

    ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

  4. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  7. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  8. サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

  9. 東北整備局、ドローンによる被害状況動画撮影でポイント集作成へ

  10. 水も木も使わず、石灰から作られた紙が世界を変える!?

アクセスランキングをもっと見る

page top