広域路線バスと自動運転サービスの乗り継ぎを検証へ/道の駅を拠点とした実証実験 画像 広域路線バスと自動運転サービスの乗り継ぎを検証へ/道の駅を拠点とした実証実験

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、道の駅「コスモール大樹」(北海道広尾郡大樹町)で、中山間地域における道の駅を拠点とした自動運転サービスの実証実験を12月10日から開始すると発表した。今回は広域的な路線バスと自動運転車両との乗り継ぎを検証する。

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流を確保するため、「道の駅」を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で、順次、実証実験を行う。

今回12月10日から12月17日までの間、道の駅「コスモール大樹」で実証実験を実施する。実験では、自動運転車両の運行ダイヤを広域路線バスの運行ダイヤに合わせ、帯広や広尾方面に向かう広域的な路線バスとの乗り継ぎを検証する。地域内の生活の足や物流を確保する。また、大樹町は宇宙のまちづくりとして取り組んできたことから、これら多くの先進技術の実証実験のノウハウを活用する。

今回の実験では先進モビリティの自動運転バスを使用する。

広域路線バスと自動運転サービスの乗り継ぎを検証へ…道の駅を拠点とした実証実験

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

    築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  4. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  5. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  6. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  7. 全農、家庭向け冷凍食品事業を強化/高級ブランド「MAMAMA(ままま)」

  8. 食品ロス646万トン。「もったいない」をどう共有するか?

  9. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  10. 18年始動 建設業界各社トップあいさつ/東京五輪関連や都市開発で追い風

アクセスランキングをもっと見る

page top