東京五輪の新国立競技場、現場見学会参加者300万人達成でイベント開催 画像 東京五輪の新国立競技場、現場見学会参加者300万人達成でイベント開催

インバウンド・地域活性

 日本建設業連合会(日建連、山内隆司会長)は25日、2020年東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の整備事業の工事現場(東京都新宿区)で、市民現場見学会の参加者300万人の達成を祝うイベントと中高生を対象にした記念見学会を開いた。300万人目となった中学2年の大倉波奈さんに山内会長が五輪にちなんで金メダルを贈呈。現場に記念の大幕を掲げて達成を祝った。=2面に関連記事
 市民現場見学会は、合併前の旧日本土木工業協会(土工協)が建設業の役割とものづくりの醍醐味を多くの市民に知ってもらおうと02年にスタート。300万人は8万回にわたる足かけ15年での達成となった。達成イベントの冒頭、山内会長は「300万人達成を祝うことができ、大変うれしく思う」と喜びを語った。その上で「新国立競技場の完成と五輪の開会式を心待ちにしてほしい。このような地図に残る仕事に携わることができるのが建設業の魅力であり、一端に触れてほしい」と述べた。

日建連/市民現場見学会参加者300万人達成/新国立競技場でイベント開催

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

    北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  6. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  7. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top