東急池上線旗の台駅、木造駅の雰囲気残す「木になるリニューアル」第2弾 画像 東急池上線旗の台駅、木造駅の雰囲気残す「木になるリニューアル」第2弾

インバウンド・地域活性

 東京急行電鉄は28日、東京都品川区にある池上線旗の台駅のリニューアル工事に着手した。木造駅の雰囲気を踏襲したデザインとする「木になるリニューアル」の第2弾。東京・多摩地区で産出された木材「多摩産材」を使い、同駅の老朽化したホーム屋根を木造屋根に建て替えるほか、待合室も改修する。設計はアトリエユニゾン、施工は清水建設が担当。19年春の竣工を目指す。今後、駅舎の改修についても検討する。
 旗の台駅の所在地は旗の台2の13の1。リニューアルでは同線ならではのアットホームなデザインや多摩産材を採用して、温かみのあるホーム屋根を創出する。ホームにある待合室を改修することで快適性の向上も図る。
 木になるリニューアルの初弾は戸越銀座駅(東京都品川区)。ホーム屋根の建て替えと延伸、駅舎内外装の改修などを実施し、17年度のグッドデザイン賞など9賞を受賞した。
 このほか、同社は池上線沿線の魅力向上を目指し、池上駅(東京都大田区)でも駅舎の改良と駅ビルの開発を展開している。建物規模はS造5階建て延べ9990平方メートル。6月に着工済みで、20年9月末の完成を目指している。

東急電鉄/池上線旗の台駅リニューアル(東京都品川区)/清水建設で着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 東海環状道・岐阜山県トンネルが起工

    東海環状道・岐阜山県トンネルが起工

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  6. 西宮駅南西地区再開発、37階建てなど3棟を計画

  7. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  8. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  9. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  10. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

アクセスランキングをもっと見る

page top