旬の味覚で勝負!産地銘柄厳選、期間限定で付加価値も/メーカー、外食が注力 画像 旬の味覚で勝負!産地銘柄厳選、期間限定で付加価値も/メーカー、外食が注力

インバウンド・地域活性

 食品メーカーや外食が、旬の素材を用いた商品に力を入れている。産地銘柄を厳選し、旬の味覚を楽しみたい消費者のニーズに応える。販売期間を限定することで付加価値が増し、希少な食材を供給しやすい利点もある。

 天丼チェーン「天丼てんや」は10月から、「福岡県産 いちじくの天ぷら」(120円)を売り込む。同県朝倉市、筑前町、東峰村産の「とよみつひめ」を用いた単品メニュー。とろりとした甘さが特長で「デザート感覚で注文してもらえる」と同社。果実はJA筑前あさくらが半分にカットし、冷凍して出荷。冷凍果実を使うことで風味や供給が安定したと話す。今年は他にも、ミニトマト、ミニアスパラ、ナガイモ、青パパイアなど9種の天ぷらを販売した。

 「旬の味覚を楽しみたいニーズは強い。供給量が少ない食材も期間限定なら商品に生かせる。来年も新しい食材を10品以上は発掘したい」(同社)と意気込む。

 旬の果実にこだわったチューハイを製造するのは宝酒造。「北海道産ふらのメロン」「静岡産三ヶ日みかん」「小笠原パッションフルーツ」など、産地厳選の商品を季節ごとに展開。原材料調達でJAとも連携する。今月14日に発売した「寶(たから)クラフト 京都ゆず」(330ミリリットル瓶、289円)は、京都市水尾の希少なユズを使用する。

 果肉を丸ごと搾ったストレート混濁果汁と、日本酒にも用いる京都の伏水で仕込んだ高級チューハイとして売り込む。同社は「チューハイ市場では旬や産地指定の需要が強い。産地にもメリットがある」と有望視する。

 製パン最大手の山崎製パンは、人気商品「ランチパック」に旬の食材を用いる。先月「成田市産スイートポテト味」(146円)を発売。千葉県北部が産地のサツマイモ「クイックスイート」をJA成田市を通じて仕入れる。「パンは合う食材が多い」と同社。これまでにキャベツやゴボウなどの農産物を用いてきた。今も旬の食材を使った新商品を月に4、5点のペースで開発する。同社は「ニッチな素材を取り入れ、地方の活性化にもつなげたい」と話す。

旬の味覚で勝負 産地銘柄厳選 期間限定で付加価値向上 メーカー、外食が注力

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

    北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  6. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  7. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top