シェア経済市場、2021年度に1070億円/ライドシェア解禁が市場拡大の鍵 画像 シェア経済市場、2021年度に1070億円/ライドシェア解禁が市場拡大の鍵

制度・ビジネスチャンス

矢野経済研究所は、国内のシェアリングエコノミー(共有経済)市場の調査を実施して、その結果をまとめた。

それによると2016年度の国内シェアリングエコノミー市場規模は、旅館業法施行令が一部緩和されたことや2017年の「民泊新法」成立を受けて、民泊市場への参入事業者が増加したことなどから前年度比26.6%増の503億4000万円となった。

今後も民泊新法成立を背景とした大手企業の参入と訪日外国人客の利用増加により市場が拡大する見通しで、シェアリングエコノミー市場は2021年度には1070億9000万円に達すると予測する。

また、シェアリングエコノミーサービス市場は、今後関連する既存業界のサービスを徐々にリプレースしながら成長していくと予測。

カーシェアリングは自家用車の代替となるため、自動車販売台数の減少につながると予測する。実際に欧米では都市部への車の流入規制が広まりつつあり、都市部における交通手段の一つとしてカーシェアリングが自家用車を代替するようになってきている。

これらカーシェアリングの普及によって将来的に、自動車販売台数を減少することを欧米の自動車メーカーは懸念、その対策として、カーシェアリングを自社でのビジネス領域としても捉え、取り組む自動車メーカーが増加している。

また、車の相乗りサービスであるライドシェアは、タクシーよりも料金が安価なため、今後、国内で本格的にサービスが展開されるようになれば、タクシーの利用者がライドシェアに流れていくことが予測される。

日本では現行、道路運送法によって、自家用車を使って有償で乗客を輸送するのは「白タク」行為として禁止されているため、ライドシェアは普及していない。既にライドシェアが普及している海外では、その普及によって経営危機に陥ったタクシー会社も出てきている。国内ではライドシェア企業がタクシー配車サービスを展開するなど、タクシー業界との共存の道を模索する動きも見られる、としている。

シェアリングエコノミー市場、2021年度に1070億円…ライドシェア解禁が市場拡大の鍵

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

    朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

  2. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

    名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  3. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

    国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  4. 車販売のガリバーが自社リソースを活用した新規事業アイデアを募集

  5. 【解決!社長の悩み相談センター】第11回:経営者は絶対入れといわれる生命保険……本当に必要?

  6. 国交省が多様な入札契約モデル事業を公募。5月下旬選定、7月から支援

  7. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  8. 16年上期の建設業倒産、8年連続マイナス。地区別では底止まりも

  9. 【おおさか地域創造ファンド:6】何が新規事業の正否をわけるのか?

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(5):グッドマンジャパン社長兼CEO、開発地の調査徹底しリスク回避

アクセスランキングをもっと見る

page top