おにぎり値上げ、業務用米が高値で価格に転嫁/コンビニやスーパー 画像 おにぎり値上げ、業務用米が高値で価格に転嫁/コンビニやスーパー

制度・ビジネスチャンス

 コンビニやスーパーがおにぎりの値上げに動いている。これまで中食などの業務筋は米商品の売価改定には慎重だったが、米の取引価格上昇などに対応した。年末には価格を一段上げた2017年産業務用米への切り替え期を迎え、「店頭価格の値上げが加速する」(都内米卸)との見方が広がる。 

 大手コンビニのローソンは10月末、全国約1万2700店でおにぎり商品の一部で値上げに踏み切った。販売量が最も多い「シーチキンマヨネーズ」は、110円から116円に改訂。定番銘柄の「日高昆布」は110円から116円に、紀州南高梅は110円から120円に改めた。

 高価格帯の「新潟コシヒカリおにぎり」でも、「焼さけハラミ」を168円から198円に見直した。同社は「単純な値上げとならないよう、商品刷新時に付加価値を高めた上で価格を見直した」と話す。

 首都圏を中心に300店舗を展開するスリーエフは今年度、おにぎりの価格を見直した。扱っている約30種類のうち3分の1に当たる商品で、価格を1個当たり5円上げた。「主要な原材料の米の値上がり分を転嫁した。ツナマヨネーズやサケなど定番具材の商品は据え置き、客離れを防いでいる」と説明する。

 複数のコンビニやスーパーにおにぎりを納入する関東の業者は4月、納入価格を据え置いたままご飯の量を5グラム減らし、実質的に値上げした。量目の見直しは、冷害で米価が高騰した2003年以来という。同社は「この数年、銘柄間の価格差が縮んで値頃感のある米を調達しづらくなった。ブレンドする銘柄の構成を見直すだけでは対応できない」と説明する。

 日本炊飯協会によると、16年産の業務用米の取引価格は1キロ当たり260円程度。近年で最も安かった14年産では1キロ200円を下回る取引もあったが、年を追うごとに価格が上昇。値頃な米の不足感が背景にある。外食、中食業界で年末の17年産への切り替わりを見据え、今後も価格上昇や、量目を抑える「実質値上げ」に踏み切るケースが増える模様だ。関東の大手米卸は「17年産は1キロ300円を超える展開になる。上昇分は転嫁する流れ」と強調する。

 米穀機構は「販売価格の上昇で消費を落とす懸念がある。消費動向を踏まえ、適切な価格の居どころを探る視点が要る」と強調する。

■この記事の「英字版」はこちらをクリックしてください。

おにぎり値上げ 業務用米高値 価格に転嫁 コンビニスーパー

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

    JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  3. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

    「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

  4. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  5. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  6. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  7. 中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

  8. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  9. 世田谷合同庁舎が完成、国と自治体施設の合築整備が広がる

  10. 農業や農産物のPR手法、おしゃれに進化!/スペシャリストが活躍

アクセスランキングをもっと見る

page top