日建協が都内で女性技術者会議、「飲みにケーション」は必要ない! 画像 日建協が都内で女性技術者会議、「飲みにケーション」は必要ない!

人材

 日本建設産業職員労働組合協議会(日建協、久保田俊平議長)は17日、働きやすい職場づくりを目的に行っている「女性技術者会議」の17年度の会合を東京都荒川区のホテルラングウッドで開いた。建設業の「前近代的体質」についての討議が行われ、あるグループは「頻度があまりにも多すぎる。断るとコミュニケーションの問題にされるのが変」と「飲み会」に起因する問題の是正を提案した。
 会議は、働きやすさを追求するに当たって女性技術者の視点をさらに取り入れようと09年度から毎年開いている。日建協の調査では、建設業に魅力を感じない理由に女性から最も多く挙がったのが「前近代的体質」(回答割合48%)となっており、17年度は「ここがヘンだよ!建設産業」をテーマに設定し、4週8休の実現に向けた前近代的体質の改善策について話し合った。
 今春入社を含め傘下の組合の40人の女性技術者がA~Fの6グループに分かれて議論し、成果を発表した。討議に先立ち内閣府と国土交通省の担当者があいさつし、働き方改革を巡る政府の取り組みなどを紹介した。
 各グループは、「何か変」と感じる建設業の前近代的な体質と「なくしたい事象」に、▽残業が当たり前の環境▽あまりにも多い飲み会▽女性職員の少なさ▽受け付けや土産の配布といった暗黙の女性の仕事-などを挙げた。
 残業を減らすためにあるグループは、現場所長をはじめとする上司が率先して帰宅する風土の醸成や、就業時間内の会議・打ち合わせの実施を求めた。帰宅時間を会社として定めたり、午後5時以降の電話連絡を控えたりするような措置に加え、「顧客からの連絡も午後5時以降は受け付けないようにしてもいいかもしれない」との意見も出た。ICT(情報通信技術)を活用し、いわゆる「夕礼」を減らす工夫を求めたグループもあった。
 「飲み会」について、あるグループは「断ると仕事ができない人と判断されることがある。『飲みにケーション』が重視されているのがよくない体質」と率直に指摘し、「年4回くらいなら仕方ないが、あまりにも頻度が多すぎる」と改善を求めた。「男性しかいない職場なのに、男性と仲良くするとすぐうわさにする」「上司の好みの服だと『デートか』と聞かれる」といった事例を挙げた上で、「(働く女性に対する)男性の意識が低すぎる」という意見も目立った。
 今春入社のある女性建築技術者は、「想像していた通り忙しい仕事だが、現場には優しい人が多い。こういう会合はありがたい」と感想を述べた。
 オブザーバーとして参加した堀米剛青木あすなろ建設職員組合本部執行委員長は「建設業を変える先頭を走ってください」と参加者にエールを送った。会合を総括した岩永一郎副議長は、「年齢、会社も違う人と議論できる労働組合の組織ならではの機会を設けられた。横のつながりをつくってください。『女性技術者会議とか昔やっていたね』と笑い話になるよう努力したい」と、女性も男性も働きやすい職場づくりへの協力を求めた。

日建協/都内で女性技術者会議開く/前近代的体質解消を議論、飲みにケーション必要?

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  2. カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

    カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

  3. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?/第2回 働き方改革「10のキーワード」

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?/第2回 働き方改革「10のキーワード」

  4. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  5. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  6. 建災防がメンタルヘルス対策強化。健康KY、チェックマニュアル策定

  7. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  8. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  9. ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

  10. ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

アクセスランキングをもっと見る

page top