商品続々!「ご当地」の味を再現、地域色売りに支持集める/外食や食品メーカー 画像 商品続々!「ご当地」の味を再現、地域色売りに支持集める/外食や食品メーカー

インバウンド・地域活性

 外食企業や食品メーカーが、「ご当地」を打ち出した商品を売り込んでいる。地域に根付いた料理の味を再現し、地元はもちろん全国に届け支持を集める。素材に地場農産品を用いることが多く、産地にとってもチャンスが広がる。

 モスバーガーを運営するモスフードサービス(東京都品川区)は、各地の名物料理をアレンジした「ご当地創作バーガー」を11月下旬まで期間限定で販売する。北海道北見市の焼き肉のたれをヒントにした「北見しょうゆタレとんかつバーガー 北海道産ポーク使用」(430円)や、埼玉県秩父市のかつ丼をイメージし、県名産の「深谷ねぎ」も用いた「秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース」(同)を展開する。

 2年前に開始した試みで、全国の店舗スタッフからアイデアを募った。今年は「揚げもの」をテーマに、1000件超の応募から4品を商品化した。「ご当地料理はストーリー性がある。スタッフが関わることで販売意欲も高まる」と同社。各商品とも120万食の販売を見込む。

 「ご当地鍋」を家庭で手軽に作れる料理キットを考案したのは、食材宅配のヨシケイ開発(静岡市)。埼玉県和光市商工会が主催するニッポン全国鍋グランプリで上位入賞した各地の鍋物料理を宅配メニューに導入。第1弾として、千葉県東金市の「家康鷹狩り鍋」(4人前、2176円)を7日、全国で発売した。

 徳川家康のタカ狩りをイメージした鶏肉や豚肉を具材に、スープには市特産品「東金黒豆みそ」の香ばしさや甘味を生かした。野菜は県内JAから調達。同社がご当地鍋を仕掛けるのは初で、目標13万食を掲げる。年内にさらに2品を投入する予定だ。

 コンビニエンスストア大手のローソン(東京都品川区)は全国12地域の食材を用い、名物の味を再現した鳥の唐揚げ「ご当地からあげクン」(216円)を販売する。東京都の練馬大根おろしドレッシングを使った「おろしぽん酢味」や、徳島県産スダチを用いた「ひろたのぽんず味」など、さっぱりした味の商品が好調という。

商品続々 「ご当地」の味 再現 地域色売りに支持集める 外食や食品メーカー

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  2. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  3. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  6. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  7. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  8. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

アクセスランキングをもっと見る

page top