西鉄、ジャカルタ郊外で分譲マンション開発 画像 西鉄、ジャカルタ郊外で分譲マンション開発

海外進出

【インドネシア】西日本鉄道(福岡市)はインドネシアに合弁会社を設立し、ジャカルタ東郊のブカシ市で分譲マンションを開発する。総事業費は約44億円。

 西鉄が45%、インドネシアの不動産デベロッパー、ダマイ・プタラ・デベロップメントが55%出資する合弁会社を通じ、8673平方メートルの敷地に、1ルーム、平均専有面積23平方メートルを中心とする1531戸を建設する。

 2021年10月に第1期590戸、2022年6月に第2期941戸が完成する予定。平均販売価格約230万円を見込む。

 ブカシ市は人口約260万人のベッドタウンで、急速な人口増加と産業の発展が続き、今後も高い住宅需要が見込まれる。
《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  3. ~国産家具を世界へ!:1~日本だけの“ストーリー”をデザインする

    ~国産家具を世界へ!:1~日本だけの“ストーリー”をデザインする

  4. ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

  5. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  6. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  7. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  8. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  9. 急成長するミャンマー自動車ビジネス、日系企業はどう見る?

  10. ラーメン店「清六屋」、インドネシアでハラル認証取得

アクセスランキングをもっと見る

page top