梨の葉を使った“紅茶”、機能性成分も発見!/鳥取の新たな特産品に 画像 梨の葉を使った“紅茶”、機能性成分も発見!/鳥取の新たな特産品に

インバウンド・地域活性

 鳥取大学大学院連合農学研究科と県内企業が協力し、梨の葉を使った“紅茶”を開発した。梨葉には茶葉の3倍の抗酸化力が含まれている機能性も発見。耕作放棄園を活用し、新たな特産として商品化を目指す。

 同県は梨「二十世紀」が特産だが、生産者の高齢化などで面積は減少傾向にある。植物病理学専門の児玉基一朗教授は、梨を振興するため、着眼点を変えて葉に着目。2010年から商品化に向けた研究を始めた。

 これまで梨葉に着目した研究はなく、葉の成分は特定されていなかった。児玉教授らが調べると、ポリフェノールの一種で抗酸化や細胞活性化の作用が期待される3・5―ジカフェオイルキナ酸や美白効果で知られるアルブチン、がんや生活習慣病の予防効果が期待できるクロロゲン酸を多く含むことが分かった。

 桃やビワ、柿、ブルーベリーなどの葉も調べたが、梨が突出して高かった。抗酸化力(ORAC)は茶葉の3倍の機能性を持っていた。

 ただ、ポリフェノールが多いため自然乾燥では酸化重合し葉が黒く変色し、機能性成分も失われる。同大学では成分を保てる処理方法も開発し、粉末やエキスにして使えるようにした。

 梨の葉自体には風味がほとんどないため、県内で茶の製造を手掛ける企業と協力。梨葉3割に梨の実やカモミール、ルイボスなどをブレンドし、梨の香りをほのかに感じる飲みやすい紅茶風に仕上げた。

 児玉教授は「葉の素晴らしい機能性の素材を知ってもらい、鳥取県の活性化につなげたい」と力を込める。原料の安定確保が課題で、葉を取りやすい木の仕立て方なども研究していく。今後は、サプリメントや化粧品などへの活用も検討する。

梨の葉“紅茶”開発 機能性成分 豊富に 鳥取大学大学院など

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

    地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  2. 神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

    神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

  3. 東京都中央区、都市整備方針を転換/定住人口回復で、ホテルや生活支援施設を後押し

    東京都中央区、都市整備方針を転換/定住人口回復で、ホテルや生活支援施設を後押し

  4. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  5. 札幌駅北口に京王電鉄の新ブランド「京王プレリアホテル札幌」、インバウンドも取り込む

  6. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  10. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

アクセスランキングをもっと見る

page top