日建連九州/福岡市で工高生見学会開く/大規模建築現場で建設業のものづくり紹介 画像 日建連九州/福岡市で工高生見学会開く/大規模建築現場で建設業のものづくり紹介

制度・ビジネスチャンス

 日本建設業連合会(日建連)九州支部(河野健吾支部長)は9日、福岡市立博多工業高等学校建築学科の2年生39人と引率教諭を招き、福岡市東区で安藤ハザマが施工中の九州産業大学人間科学部(仮称)新棟建設工事の現場見学会を開いた=写真。生徒らは最盛期を迎えた大規模建築工事の現場で建設業の技術力やものづくりの魅力を体感した様子だった。
 見学に先立ち行われた工事概要説明では作業所の担当者が施工シミュレーションのビデオも使用しながら作業工程や安全対策、環境への配慮の取り組みなどを紹介。安藤ハザマの林幸治統括所長は建設業界の喫緊の課題となっている働き方改革に触れ、休日確保、ノー残業デー、表やグラフを使った労働時間管理の工夫などにより「働きやすい環境づくりに取り組んでいる」と話した。
 続いて生徒らは建物の中層階まで階段で上がり、工程ベースの進ちょく率が7割近くに達し、仕上げ工事が最盛期を迎えている建物の内部の状況などを見学。生徒らは下層階から徐々に壁などが出来上がっていく様子を見て、建物ができていく工程を学んだ。
 見学後の質疑応答では建物の特徴についての質問があり、福島陽一作業所長がフレームレス工法を採用した建物正面の高さ40メートルのガラス壁や充実したトイレ設備などを紹介すると、生徒らは興味深げに聞き入っていた。
 工事は同大学を運営する学校法人中村産業学園が計画し、建物規模はS造8階塔屋1階建て延べ1万6667平方メートル。工期は18年1月。設計・監理は三菱地所設計が担当。
《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  2. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

    ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  3. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

    なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  4. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  5. 所有者不明農地、増加する一方

  6. ■ニュース深堀り!■町工場がよみがえるベンチャーとの連携

  7. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  8. 2017年ヒット予想、上位に入ったのは今年話題の・・・

  9. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  10. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

アクセスランキングをもっと見る

page top