ドン・キホーテがバンコクで商業施設開発、シンガポールに続く2カ国目 画像 ドン・キホーテがバンコクで商業施設開発、シンガポールに続く2カ国目

海外進出

【タイ】ドンキホーテホールディングス(東京都目黒区)は6日、タイの大手塗料メーカー、TOAグループ、日本駐車場開発(大阪市)とタイに合弁会社を設立し、バンコクのソイ・エカマイ5通りで商業施設を開発運営すると発表した。

 名称は「ドンキ・モール・トンロー」(仮称)。地上6階、地下3階(駐車場)、延床面積2万6770平方メートルで、1、2階にドン・キホーテグループの新業態のディスカウントストア「ドンドンドンキ」、5階にキャラクターパーク、5、6階に室内スポーツ施設が入居する。飲食店も多数出店する予定。開店日、施設やテナントなどの詳細は後日発表する。

 ドン・キホーテグループの東南アジア進出はシンガポールに続く2カ国目。

ドン・キホーテ、バンコクで商業施設開発 ソイ・エカマイ5

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  3. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

    唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  4. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  5. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  6. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  7. 中小建設企業の海外展開事例集、政府機関の支援策も紹介

  8. 三菱商事、日清食品インドネシア現法に出資

  9. 国交省、カンボジアの「建設法案」整備に向け現地で意見交換会 11月5-6日

  10. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

アクセスランキングをもっと見る

page top