飛島建設、沖電気工業/現場監視システム開発に着手/映像認識活用、18年度実用化へ 画像 飛島建設、沖電気工業/現場監視システム開発に着手/映像認識活用、18年度実用化へ

IT業務効率

 飛島建設と沖電気工業は1日、映像認識技術を活用した「現場監視サポートシステム」の共同開発に着手したと発表した。現場に設置した複数のカメラ画像とレーザー距離センサーにより人物、物体、動体を認識する画像センシング技術を使い、人と重機の接触の危険性を自動で感知し警告する。18年度にも実用化し、監視員の負担軽減による業務の効率化と省力化につなげる。
 開発中のシステムは、現場内の監視エリアに複数のカメラとレーザー距離センサーを設置して重機による死角をなくし、それらのデータを同期・解析。現場の状況をマップ上に表す。人と重機の動きを鳥観的な視点で監視。作業員の危険エリアへの侵入や重機との近接時に警告を発し、事故の危険性を未然に排除する。
 現在、国土交通省東北地方整備局発注の宮古盛岡横断道路岩井地区トンネル工事で実証実験を行っており、今後は造成工事や橋梁、ダム、建築工事の安全管理にも活用する。
 さらに人工知能(AI)による深層学習機能を導入し、品質・工程管理への活用も目指す。マップ上の人と重機の動線を記録し、それらのデータからAIが作業サイクルの自動判定や、人と重機の位置・行動パターンの分析を実施。危険要因の事前排除とともに業務の効率化につなげる。

飛島建設、沖電気工業/現場監視システム開発に着手/映像認識活用、18年度実用化へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  2. 建設会社がノウハウ生かしてウニ養殖へ!

    建設会社がノウハウ生かしてウニ養殖へ!

  3. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

    ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  4. ロボットトラクターで世界初の4台協調作業

  5. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  6. 大阪ガスの新「エネファーム」、来月から余剰電力を買い取り

  7. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  8. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  9. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  10. ~AIで変わる経営:2~明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

アクセスランキングをもっと見る

page top