どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~ 画像 どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

インバウンド・地域活性

 もともと、我が国では、文字通り全国津々浦々の小さな街にまで高速バスが既に運行されている。だが、高速バスは「地元の人の大都市への足」として成長した歴史があるから、観光客に使いやすいルート、ダイヤになっていない(だから、地元が観光に注力しようとしてもその受け皿になりえない)。仮にそこを工夫したとしても、市場地(大都市や海外)側でプロモーションが難しいことは変わらない。

 そもそも、既存の高速バスを運行するバス事業者は、地域独占的に地元の路線バスを運行するとともに、地元で幅広く生活関連産業を展開する「地元の名士」だが、上に挙げたような地元の中小企業経営者、そのご子息らにとっては雲の上の存在になってしまっていて、彼らの声を拾い上げることさえできていない。

 最近では、新幹線の延伸開業に合わせて、新設された新幹線駅から観光地を結ぶ高速バス路線も多く見かける。バス事業者から見れば幸いなことに自治体などから補助金の予算がつくので、リスクを取ることなく路線を開設できる。もし、新幹線を運行する事業者(JR東日本とかJR西日本)が、その乗り継ぎを市場地で本気でプロモーションしてくるならば、彼らの力は絶大だ。だが、「新幹線が隣街まで来た。バスを走らせればおこぼれ位はあるだろう」程度の取り組みでは、当然のことながら、結果として「空気輸送」となってしまい、永続しようがない。

 デスティネーション側(宿泊施設をはじめ観光地でツーリズム産業に関わる全ての人)には、バスは、七福神が乗ってくる「宝船」のように、海の向こうから宝物を乗せてやってくる有難い存在ではないことをご理解いただきたい。

 一方でバス事業者にとっても意識の変革が必要だ。貸切バス事業者にとっては、国内客もインバウンドも、「お仕着せ」感からバスツアーの低迷は確実だ。「地元の人の都市への足」として成長してきた高速事業者にとっては、沿線人口が減少する中、市場の縮小は不可避である。

 高速バスをはじめとする公共交通を使う旅行につきもののストレス、例えば旅程作成の難しさや乗り換え、手荷物の手間から解放されつつも、従来型のバスツアーのように「お仕着せ」感を与えるのではなく、旅行者自身の興味関心に基づき自分のペースで旅することができるバス商品が今、求められている。筆者としては、意欲ある事業者の皆様の挑戦を、引き続き裏から支え続けたい。


●成定竜一(なりさだりゅういち)
高速バスマーケティング研究所株式会社代表。高級都市ホテルチェーンを退社後、06年に楽天バスサービス株式会社に入社。楽天トラベル「高速バス予約」サービスの事業責任者を経て、同社取締役に就任する。11年に退職すると、高速バスマーケティング研究所を設立。国土交通省「バス事業のあり方検討会」委員(10年度)、「国内観光の振興・国際観光の拡大に向けた高速バス・LCC等の利用促進協議会」(15年度~)などを歴任する。


width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《成定竜一》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  3. 神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

    神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

  4. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 三重県サッカー協会がスタジアム整備案/Jリーグ加盟チーム発足目指す

  7. 食用八重桜「桜の塩漬け」の加工作業がピーク/神奈川県秦野市

  8. 栃木県の総合スポーツゾーン新武道館整備、壁に益子焼など「栃木らしさ」を演出

  9. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  10. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top