どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~ 画像 どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

インバウンド・地域活性

「高速バス事業者向けのコンサルティング会社です」と名刺を出すと、相手の表示が突然パッと輝くことがある。自治体で観光行政に関わる方や、旅館の経営者の方が多い。「ぜひ、ウチの街、宿まで高速バスを走らせてください」という話になる。

 彼らの頭の中には、大型バスが、満席の観光客を乗せて地元の街、自分の宿に到着する映像が浮かんでいるに違いない。宿の玄関先にバスが横付けされ、スタッフが駆け寄って床下トランクから荷物を降ろしているシーンが、繰り返し流れているのだろう。だが、残念ながらそのシーンに登場するのは高速バスではない。貸切バスを使うバスツアーのものだ。

 また、地方立地の貸切バス事業者から、大都市や国際空港から地元への高速バスを運行したい、とご相談をいただくこともある。おおむね、その地で歴史のあるタクシー事業者、運送会社らで、2000年の規制緩和後に貸切バス(観光バス)事業にも進出した会社のオーナー家のご子息(したがって、役職は「専務」「常務」など)である。

 彼らは、若いころから地元の企業経営者やその跡取り仲間と親交を重ね、地元への愛着も強い。顔を合わせば地元の将来の話になるようだ。「ウチの街は、人口も減り始め、商店街もシャッターが下りている。もう将来はないんだろうか?」。そういうとき、必ずと言っていいほど観光への期待が高まる。「この街には、こんなに豊かな自然と長い歴史がある。観光客を外からもっと呼べるはずだ」(率直に言うと、豊かな自然と長い歴史は、日本列島のどの地域にも存在するのだが…)。そして、皆が、上に挙げた専務、常務の顔を覗き込むのだそうだ。「お前の会社、観光バス会社だろう。この街の将来はお前にかかってるんだ」。

 だが、観光バス(法令用語でいうと貸切バス)という事業は、旅行会社が企画し集客したツアー客を案内する足としては有効だが、言われた通りに走るのが仕事であって、観光客を自ら呼ぶ力はない。そこで、大都市や空港から地元まで高速バスを走らせたい、と筆者の所に相談に見えるのだ。

 前者(自治体や旅館の方が思い浮かべるバスツアー)は、毎日ではなく特定の日だけ催行し、しかも季節や流行に合わせ内容をどんどん変えていく事業モデルだ。立ち寄り観光をモリモリに行程に組み込み充実したコースに見せ、土産物屋からのキックバックを前提に旅行代金を限界まで下げれば、かくだん、旅行に行くこと自体に、または特定の目的地に思いが強くない人でも「旅行にでも行ってみようか」と気軽に参加してくれることを促すモデルである。乗車率は高いが、安定して催行されないし永続もしない。

 しかも、今日、旅行者は成熟しており(モリモリに組んだ旅程は「お仕着せ」と感じられるようになっており)、さらに余暇の過ごし方も多様化している。その人個人にとって本当に価値がある旅行内容でなければ、もう、旅行という時間の過ごし方自体を選んでもらえない時代になっている。

 一方の後者(大都市や国際空港からの高速バス)は、「その土地に用(観光も含む)があるから行く」人に、移動手段を安定して提供する事業である。365日を通して安定した乗車率を確保しないといけない同事業の難しさはいったん置くとしても、その土地への観光客を増やすことを目的とするならば、高速バスの存在も含めて市場地側(大都市や海外)でプロモーションを行わないとならない。直通高速バスの存在は観光集客の助けにはなるが、それ自体が観光客を呼ぶわけではない。

 ましてや、片道3~4時間までの短・中距離の昼行路線ならまだしも、一晩かけて走る夜行路線に、観光客は乗ってくれない。日本人が、パリやニューヨークの国際空港に着いてから、夜行高速バスに乗り換えて訪れるフランスや米国の観光地がどれほどあるだろうか?


《成定竜一》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線で最も長い渡島トンネル、南鶉工区が起工

    北海道新幹線で最も長い渡島トンネル、南鶉工区が起工

  2. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

    地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  3. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

    金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  4. 東京メトロが駅周辺連携プロジェクト、門前仲町ほか3駅で再開発検討/地元への提案活動強化

  5. ~地方発ヒット商品の裏側~岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  6. ~リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:2~バリ勝男クン。

  7. 東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

  8. 名古屋市の久屋大通公園Park-PFI/テレビ塔を中心にシンボリックな景観軸

  9. 急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

  10. 横浜みなとみらい21、プラネタリウムやデジタルプラネットカフェも!

アクセスランキングをもっと見る

page top