歳暮商戦がスタート!百貨店ではプレミア感競う「希少食材」や「健康」売り 画像 歳暮商戦がスタート!百貨店ではプレミア感競う「希少食材」や「健康」売り

制度・ビジネスチャンス

 大手百貨店で歳暮商戦が始まった。今年は希少な国産食材を用いたプレミア感や、健康志向を強調した商品が目立つ。各社は10月にインターネット販売を始め、11月からの本格商戦で売り込みをかける。

 三越伊勢丹(東京都新宿区)は希少な国産原料を使った銘菓をそろえる。「関の戸・やまとたちばな」(3240円)は、日本原産のかんきつ「やまとたちばな」を使った餅菓子。三重県亀山市の和菓子店が開発し、初めて市販する。「三重県の一部にしか自生しない」(和菓子店)という希少かんきつの果皮を粉末にし、和三盆と餅にまぶした。強い香りとさわやかな後味が特長だ。

 そごう・西武(東京都千代田区)は国産大豆をテーマに打ち出す。洋食やエスニック風の食材を中心に、14種類の大豆食品ギフトをそろえた。商品全てに希少性の高い京都産「新丹波黒」や、北海道産の「タマフクラ」「黒千石」を使う。「ピクルス&ビンドレ」(4104円)は、3種類の大豆をピクルスとドレッシングに仕立て、手軽に大豆を食べられるのが売り。「健康・美容志向を背景に大豆が人気。洋食メニューでの活用も広がっている」(同社)とアピールする。

 高島屋(大阪市中央区)は国産紅茶の詰め合わせをそろえた。岡山県新見市産の茶葉を使い、日本人が親しみやすい渋みを生かした味わいに仕上げた。

歳暮商戦 スタート 百貨店 プレミア感競う 「希少食材」や「健康」売り

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  2. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

    ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  3. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  4. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  5. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  6. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  7. 所有者不明農地、増加する一方

  8. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  9. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  10. ■ニュース深堀り!■町工場がよみがえるベンチャーとの連携

アクセスランキングをもっと見る

page top