地域のための乗りたくなる車両に/鳥取県、若桜鉄道の観光列車「昭和」 画像 地域のための乗りたくなる車両に/鳥取県、若桜鉄道の観光列車「昭和」

インバウンド・地域活性

鳥取県の郡家(こおげ)駅(八頭町)と若桜(わかさ)駅(若桜町)を結ぶ若桜鉄道は10月15日、観光列車「昭和」の運行を2018年3月に開始することを明らかにした。

この「昭和」は、工業デザイナーの水戸岡鋭治氏がデザインを手がけた車両で、その名は「若桜鉄道沿線の人・事・もの」が昭和をイメージさせることから付けられたという。

外観は川や水をイメージした「青色」をベースとした塗色とし、サクラのシンボルマークが付けられる。また、内装は、「人に優しく、時代の求める用と美」を表現するため、可能な限り木を使用。座席はテーブル付きのボックスシートで、ドア付近にはソファが備えられる。

毎月第1・3日曜に臨時列車としての運行を予定しており、2018年1月より乗車受付を開始する予定。

若桜鉄道では、この「昭和」を「地元の人が乗りたくなる地域のための車両」と位置づけ、「新しくて懐かしい鉄道の旅」を演出するとしている。

地域のための乗りたくなる車両に…若桜鉄道の観光列車「昭和」 2018年3月登場

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉!

    キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 川崎・キングスカイフロント、客室200室のホテル建設!

    川崎・キングスカイフロント、客室200室のホテル建設!

  4. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top