H30年度東京都教員採用選考、倍率4.4倍/中・高共通は7.1倍 画像 H30年度東京都教員採用選考、倍率4.4倍/中・高共通は7.1倍

人材

 東京都教育委員会は10月13日、平成29年度東京都公立学校教員採用候補者選考(30年度採用)の結果を公表した。受験者1万3,335人のうち、3,027人が合格した。選考合格者の受験番号は都庁第二本庁舎に掲示されるほか、都教委Webサイトでも確認できる。

 平成29年度(30年度採用)の採用見込数2,655人に対して、前年度(平成28年度)より1,097人減の1万3,335人が受験。3,027人が選考合格者である名簿登録者となり、倍率は前年度より0.3ポイント減の4.4倍だった。おもな校種別の倍率をみると、小学校全科が2.7倍、中・高共通が7.1倍など。

 各校種・教科・科目別の合格者数は、小学校全科が1,481人、小学校理科コースが14人、小学校英語コースが8人。中・高共通では国語が166人、地歴が89人、公民が33人、数学が186人、理科(物理)が32人、理科(化学)が32人、理科(生物)が30人、英語が174人、音楽が17人、美術が21人、保健体育が122人。

 小・中共通では音楽が58人、美術が48人、小・中・高共通では家庭が43人、中学校では技術が22人。高等学校では情報が7人、商業が2人、工業(機械系)6人、工業(電気系)が7人、工業(化学系)が1人、工業(建築系)が2人、農業(園芸系)が3人、農業(食品系)が1人となっている。

 そのほか、東京教師養成塾生特別選考では129人、スポーツ・文化・芸術特別選考では3人、国際貢献活動経験者特別選考では4人をそれぞれ名簿登録した。選考合格者番号は、都庁第二本庁舎1階臨時窓口(南)に掲示するほか、都教委Webサイトにも掲載。また、受験者全員に対して、郵便による選考結果の通知も行っている。

 今後は採用候補者名簿登録者を対象に採用までの説明会を開催し、採用前実践的指導力養成講座を実施する。その後、各区市町村教育委員会や都立学校へ紹介を行い、面談を経て採用される。また、平成31年度採用に向けて、学校見学会や大学説明会、地方説明会などの開催が予定されている。

H30年度東京都教員採用選考、倍率4.4倍…中・高共通は7.1倍

《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

  2. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  3. NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

    NHKドラマ『マチ工場のオンナ』 事業承継を克服する姿に希望を見出す

  4. 日建連、キャリアアップシステムのロードマップ決定/19年に登録50万人目標

  5. 中小企業の海外進出を支援、神奈川県とテンプホールディングス、パソナが結束

  6. 中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

  7. 自動車整備士不足、対策は職場環境改善や女性活用など――国交省

  8. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  9. エンジニア女子から女性役員へ、製造業で広がる……4人の事例

  10. 日本生産性本部、「人と経営フォーラム シンポジウム」開催

アクセスランキングをもっと見る

page top