グーグル親会社のアルファベット、リフトに出資/自動運転と配車サービス連携の可能性も 画像 グーグル親会社のアルファベット、リフトに出資/自動運転と配車サービス連携の可能性も

IT業務効率

米国に本拠を置く配車サービス大手のリフト(Lyft)は10月19日、グーグル親会社のアルファベットの投資部門、キャピタルGから10億ドル(約1130億円)の資金を調達した、と発表した。

リフトは米国を中心に、配車サービスを展開する新興企業。ライドシェアサービスにおいて、最大手のウーバー(Uber)に次ぐ規模を持つ。2017年7月には、自動運転車の開発部門を設立すると発表している。

今回、リフトは、キャピタルGから10億ドルの資金を調達したと発表。これにより、リフトの企業評価額は110億ドルに到達する。また、今回の資金調達に合わせて、リフトの取締役会に、キャピタルGのパートナー、デビッド・ラウィ氏が加わることも発表された。

グーグル親会社のアルファベットは今回のリフトへの出資により、自社の自動運転開発部門のウェイモと、リフトの連携を図る狙いがあるものと見られる。

グーグル親会社のアルファベット、リフトに出資…自動運転と配車サービス連携の可能性も

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

    【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  2. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

    山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  3. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. どこを“流せば”儲かるの?これからはAIが走行ルートを推薦し客をつかむ!!

  6. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  7. アプリでタイムカードを打刻――マルチOS対応の「勤怠管理システム」提供スタート

  8. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  9. ~スマート林業:3~電力自由化!間伐材で作る再生エネ

  10. 家畜バイオマスで水素、電気、温水を製造・供給。北海道で実証事業

アクセスランキングをもっと見る

page top