米の新品種、商戦始まる!各産地が高価格帯を投入/東京のデパートでは5キロ3000円超ずらり 画像 米の新品種、商戦始まる!各産地が高価格帯を投入/東京のデパートでは5キロ3000円超ずらり

インバウンド・地域活性

 2017年産でデビューした米新品種の商戦が始まった。各産地が投入するのは、高価格帯の販売が期待できる家庭向けのブランド品種だ。東京都内のデパートでは5キロ当たり3000円を超える価格で並ぶ。米にこだわる購買層に定着させ、良食味米産地としてイメージアップを狙う。

 トップ産地の新潟県は、今年本格デビューの「新之助」を都内のデパートで売り始めた。県の主力「コシヒカリ」と並ぶブランド米にしようと、販売価格は5キロで3780円と強気の設定。大粒で甘味やこくがある魅力を消費者に広める。県などは「コシヒカリ」と別に「新之助」を宣伝するCMを製作し、PRを強める。

 岩手県の「金色(こんじき)の風」は、東京都と大阪府のデパートを皮切りに消費地への販売に乗り出した。都内デパートでは5キロ3780円の価格で扱う。県はふわりとした軽い食感と甘味を強調。前年にデビューした「銀河のしずく」に続いて新品種を投入し、二枚看板で良食味米産地をアピールする。

 「コシヒカリ」発祥の地の福井県からは「いちほまれ」がデビューし、デパートで特設コーナーを設けて5キロ3520円で販売をスタート。つやと粘りが特徴で、県は「コシヒカリを超えるおいしさ」と売り込む。

 来年の本格デビューを控えた山形県の「雪若丸」。県は今年を先行販売期間と位置付け、男性をターゲット層に「つぶ、いきいき」としっかりとしたかみ応えをアピールする。女性ファンの多い「つや姫」と支持層のすみ分けを図る。価格は「つや姫」に迫る5キロ3240円で販売されている。同じく宮城県の「だて正夢」も、来年の本格販売開始を前に、11月下旬から都内のデパートに並べていく。

 産地が独自品種を開発する動きは全国に広がり、17年産のうるち米の産地品種銘柄は前年産から27増え、過去最多の753銘柄となった。

 三越伊勢丹ホールディングスは、「ここまで米新品種のデビューが重なる年は今までなかった。消費者の購入意欲が高まると期待している」と受け止める。

米新品種 商戦始まる 各産地 高価格帯を投入 東京のデパート 5キロ3000円超ずらり

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

    東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

  4. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  5. 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

  6. 豊洲に高さ180mのマンション、東京ガスの現所有地に計画

  7. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  8. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  9. 首都圏の百貨店・大型ファッションビル跡地開発の動き活発化!

  10. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

アクセスランキングをもっと見る

page top