JR草津駅前の再開発ビル、中心市街地の活性化を図るねらい 画像 JR草津駅前の再開発ビル、中心市街地の活性化を図るねらい

インバウンド・地域活性

 滋賀県草津市の北中西・栄町地区市街地再開発組合(南井孝一理事長)は5日、JR草津駅前の大路1に計画している再開発ビルに着工した。分譲マンションが入る26階建ての高層棟とサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を配置する4階建ての低層棟で構成。コンサルタントは山岡事務所、昭和設計、地域経済研究所、基本設計は昭和設計、測量業務は空間創建、事業協力者・施工者は西松建設。マンション床の購入・分譲とサ高住床の取得・賃貸は参加組合員の旭化成不動産レジデンスが担う。20年3月の完成を目指す。
 再開発ビルの延べ面積は約3万9900平方メートルで高さは約99メートル。構造・階数は高層棟がRC造26階建て、低層棟はS造4階建て。高層棟の用途は1・2階が店舗で3階は共用部、4~26階は住宅(265戸)。住宅のうち、3LDK~4LDKを中心とする246戸を販売する予定。低層棟の用途は1・2階が店舗で、3・4階はサ高住(39戸)。
 地区面積は約6700平方メートルで05年1月に竣工した大路中央地区市街地再開発ビル「TOWER111」の北側に位置する北中商店街と栄町商店街に接した一画。従前権利者は71人。
 同地区では、両商店街の商店主らが中心となって04年に勉強会を設置。中心市街地の活性化やまちの魅力づくり、コミュニティーの醸成、防災性の向上、環境への配慮などを図る観点から07年に市街地再開発事業を行う方針を固め、09年6月に準備組合を設立。14年5月に都市計画決定を受け、16年1月に本組合設立認可を得た。今年5月に既存建物の解体に着手した。

北中西・栄町地区市街地再開発(滋賀県草津市)/西松建設で着工/組合

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  4. 西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

  5. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  10. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top