新感覚の「フルーツ天ぷら」はいかが? 天丼てんやで期間限定発売 画像 新感覚の「フルーツ天ぷら」はいかが? 天丼てんやで期間限定発売

インバウンド・地域活性

 新感覚の「フルーツ天ぷら」はいかが――。福岡県のJA筑前あさくら産イチジク「とよみつひめ」の天ぷらが11日から、外食チェーン大手「天丼てんや」に期間限定で登場する。売り上げの一部は九州北部豪雨の被災地に寄付する。

 使うのは、JAが宮野加工場でハーフカットし、冷凍加工した「とよみつひめ」。同チェーン店を運営する(株)テンコーポレーションが6カ月かけて商品化した。旬の状態のまま冷凍加工することで、生果の状態での長距離輸送では傷みやすい果実を新鮮なまま天ぷらにすることができる。商品は、サクッとした衣の食感と、トロリとしてジューシーな果肉、ほのかな甘味が口いっぱいに広がるのが特徴となっている。

 九州北部豪雨の前から決まっていた企画だったが、同社が被災地の支援につなげるために、急きょ寄付することを決めた。1品販売120円のうち10円が義援金として朝倉市に届けられる。

 提供店舗は関東エリア、静岡県、長野県を中心とした164店舗。福岡県内でもKITTE博多店、天神店、黒崎コムシティ店、小倉魚町店の4店舗が取り扱う。販売は30日までの予定。

 イチジク「とよみつひめ」は天ぷらにすることでより甘さが濃厚になることから、生産者もお勧めする調理法。福岡県でも、さらなる消費拡大に弾みがつくと期待を寄せている。

 JA販売開発課の羽野秀樹課長は「果実の消費が落ち込む中で、いろいろな食べ方を提案しながら消費拡大につなげていきたい」と力を込める。

 同社マーケティング・商品部の高橋宏彰部長は「天ぷらという限られた調理法の中で、産地や旬にこだわった食材を今後も探していきたい」と、さらなる商品展開への意欲を語る。

■この記事の「英字版」はこちらをクリックしてください。

新感覚 イチジク天ぷら 大手チェーン、きょうから販売 福岡・JA筑前あさくら産 豪雨被災地に一部寄付

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  2. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  3. 新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ

    新宮下公園整備(東京都渋谷区)/商業施設やホテル、6月着工へ

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. 愛知県豊川市、2工場撤退跡地活用で説明会開く/イオンモール進出、市は文化会館整備

  7. これはプレミアム!「本物の広島菜古漬け」再現/広島県の6駅で限定販売

  8. 品川駅西口駅前広場の整備、国道15号の上空を活用

  9. 首都高1号羽田線東品川桟橋・鮫洲埋立部更新/迂回路切替で本線整備へ

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top