ピラミッドアジサイ、5~6月に剪定、高単価の秋に出荷/山梨県 画像 ピラミッドアジサイ、5~6月に剪定、高単価の秋に出荷/山梨県

制度・ビジネスチャンス

 山梨県総合農業技術センターは、ピラミッドアジサイ(ノリウツギ)を5、6月に剪定(せんてい)し、9、10月に開花させる技術を開発した。慣行栽培では夏に開花するが、需要が高まり、高単価が見込める秋の出荷ができる。剪定位置で花穂の大きさも調整でき、出荷先に応じて生産が可能という。

 花穂が三角すい状のピラミッドアジサイは、富士山に似ていることから同県は産地化に力を入れる。慣行の露地栽培では7月下旬から8月下旬に開花するが、結婚式のブーケなどで需要が高まる秋の出荷が求められている。

 一般的なアジサイ品種は、昨年の枝に花が付くが、ピラミッドアジサイは新梢(しんしょう)に花を付ける。同センターはこの性質を利用。慣行栽培では4月中旬に古い枝を剪定するが、剪定せずに新梢の発生を抑える。

 試験では剪定を慣行の4月16日と、秋開花に向けて5月16日、6月16日、7月16日に実施。4月剪定は8月2日に開花したが、5月剪定は9月7日、6月剪定は9月25日に開花した。7月剪定は開花しなかった。

 また剪定位置を10センチ、20センチと高くするほど花穂が小さくなった。大きい花はドライフラワー用、小さい花は花束用など、出荷先に対応して大きさの調整も可能とみる。

 試験は標高750メートルの甲斐市にある同センターで実施。今後は標高が異なる場所での実証試験を進める。

ピラミッドアジサイ 5、6月に剪定 高単価の秋出荷 山梨県

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. ■ニュース深堀り!■公民連携”でソーシャルなビジネスを始める

    ■ニュース深堀り!■公民連携”でソーシャルなビジネスを始める

  4. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  5. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  6. 【解決!社長の悩み相談センター】第16回:ボランティア活動でも課税されることがある?

  7. 事業承継税制が大幅に改正される

  8. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  9. 【解決!社長の悩み相談センター】第2回:社会保険料は滞納しても大丈夫?

  10. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

アクセスランキングをもっと見る

page top