「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/北九州編 1~まちはチームだ~ 画像 「おもてなし規格認証」で会社が変わる!地域が変わる!/北九州編 1~まちはチームだ~

おもてなし規格認証

■おもてなし規格認証で地域全体の「ビジネス力」を上げる

ーーおもてなし規格認証は、審査の際の「規格項目」が、会社やお店の経営状態のチェックリストにもなります。それを使えば経営品質の向上や生産性向上のためのツールとしても有効です。

中川 北九州で金認証を取得した事業者に「林田酒店」さんがあります。小倉名物の角打ち(立ち飲み)で有名なお店なんですが、店主の林田さんは英語が話せるので、インバウンドに向けた取組を実施されていたんです。たとえば英語対応のホームページや店内案内などです。ちなみに審査にあたっては、北九州の場合はインターネットを通じた情報発信やクレジットカード対応、マニュアル整備など15項目以上が「既に実施している取組」となっていれば金認証を取得できます。

岡 インバウンド以外にも業務改善や人材育成などの項目もあり、例えば「勝山タクシー」さんでは、ドライバーさんのおもてなし意識の向上につながったようです。「車内の臭い消しにりんごがいい」と聞けばそれを試す、といったことを社員自ら進んで行うようになったんです。

ーー北九州でのおもてなし認証規格の活用方法から、地域創生のヒントが見えてくるようです。

中川 まちには様々なお店やサービスがありますが、点在しているような状態です。しかしお店や会社がつながっていきチーム力を持てるのなら、まちは大きく変わっていくはずです。おもてなし規格認証を取得してもらうさいに私たちが伝えているのは「強みを繋げ、助けあう」ことの大切さ、そして「『繋がり』がまちを強くする」という事実です。

岡 北九州フードフェスティバルはいい事例だと思います。「北九州の飲食店はけっこう美味しいよね」というのがわかっているのに北九州にはそれを表現する枠組みがなかった。だったらみんなで集まる場所を作って「北九州は美味しい!」宣言をして、食のブランディングをすればいいんだと。おもてなし規格認証を取得した、飲食や小売、交通などの事業者がそれぞれの得意分野をもってつながっていけば、ひとつの運動体として北九州全体のビジネスパワーが結集されていくはずです。

●問い合わせ先

★一般社団法人OSTi(経済産業省 おもてなし規格認証 認証機関)
http://osti.jp

★一般社団法人 まちはチームだ(OSTiの認証支援事業者)
*コワーキングスペース秘密基地にて取次
https://coworking802.com/

●インフォメーション
「北九州フードフェスティバル」
インタビューにも出てきた「北九州フェスティバル」が今年も開催されます。4年目となる今回のテーマは「HAPPY EAT!!! ENJOY EAT!!!」(ハッピート!エンジョイート!)。北九州で営業するおもてなし規格認証取得の飲食店が自慢の一品を提供します。

日時 10月21日(土曜日)~22日(日曜日) 11時~21時
場所 あさの汐風公園(小倉北区浅野3丁目)*小倉駅新幹線口徒歩5分


width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top