売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編) 画像 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

IT業務効率

 前回は1億円の壁についてお話ししましたが、今回は10億円の壁についてです。

 1億円の壁を突破して会社を大きくしている中で、なぜか売上が上がり下がりし、いつまでたっても10億円が見えてこないという悩みをよく聞きます。

 それは分業(組織化)がうまくできていないからです!
(最も主要な原因は売上を獲得する仕組みがうまくできていないのです)

 士業(医師・弁護士等)でしばしば見られる状況に「先生が動かないとお金にならない」というものがあります。人間に許された時間は一日=24時間なので、時間当たり単価を上げるか睡眠時間を削ることでしか売上を成長させることはできません。一日を25時間にすることは不可能ですし、不眠不休で一生働き続けることもできません。ここに士業の限界があるといわれています。

 一方で企業に話をもどしてみると、売上の伸びが鈍化している企業の大半はある一部の個人の売上に依存している場合が多く、よってその個人の時間も単価も限界値にきていることがよく見受けられます。

 極端な例ですが、仮に経営者ひとりで売上をあげているとしましょう。一年間に許された時間は「24時間×365日=8760時間」です。10億円の売上を達成するには、不眠不休で働いたとして時間当たり114,155円の売上を達成しなければなりません。もちろんそれでは体が持ちません。しかし一日のうち4時間を睡眠にあてると、時間あたり136,986円、一日あたり2,739,720円を売上なければなりません(スーパー芸能人であれば達成可能かもしれませんが・・・)

 したがって、平均的な営業マンで安定的に売れる仕組みやそのサポートの組織づくり等ができていないと、ある段階で限界に達してしまい企業は失速停滞してしまうのです。

 10億円の売上を達成している経営者の多くは、分業できる仕事は分業して人に任せています。自身は本当に経営者の能力が必要な仕事に特化して仕事ができるように企業を組織化している企業が成長しているようです(スーパー経営者でも1日は24時間なのです)。経営の仕事が嫌いな創業者社長は、自身は現場で経営は経営の能力があるプロ経営者に任せるという選択も実はありなのかもしれません。

 いますぐにはできない、しかし意識してすすめていく組織改革が中小企業には必要です。組織力を高めて、経営資源(ひと・もの・かね)の分配を最適化する不断の努力をつづける企業のみが生き残り成長できるのです。


●プロフィール
李 日生(り はるき)
プレジデントタイム株式会社 代表取締役
慶應義塾大学経済学部卒業後、公認会計士試験合格、監査法人トーマツ国際部に入社・配属。国際企業(商社・通信事業会社・運輸会社等)の連結会計やM&Aを担当、中小企業の経営コンサルティングも数百社経験する。現在はプレジデントタイム株式会社、神宮前アカウンティングファーム株式会社、株式会社H HOLINGS、有限会社ルーベ、神宮前会計を主宰。会計・税務・経営・飲食・不動産等、実際の経営者として代表取締役視点で多岐に及ぶ経験を重ねている(「頭でっかちの机上の空論が大っ嫌い」を自認)。近刊に『忙しい社長を救う経理改革の教科書』(幻冬舎)がある。


width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《李 日生》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

    路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  2. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

    ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  3. VRによる未来のコミュニケーションとは?

    VRによる未来のコミュニケーションとは?

  4. ウェブサイト「アグミル」、農業用資材価格を「見える化」

  5. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

アクセスランキングをもっと見る

page top