松くい虫、過去40年で被害最少/森林機能低下の抑止へ 画像 松くい虫、過去40年で被害最少/森林機能低下の抑止へ

制度・ビジネスチャンス

 林野庁は、2016年度の松くい虫とナラ枯れの被害状況をまとめた。全国の松くい虫の被害量は、前年度より9%少ない44万立方メートルだった。感染を広げる昆虫の駆除などが進んだ結果、近年、減少傾向が続き、今回は過去40年間で最低水準となった。

 松くい虫の被害量は、最多だった1979年度に比べると、5分の1の水準。都道府県別に見ると、北海道を除く46都府県で被害が発生、うち36都府県で被害量が減った。長野県と鹿児島県で特に被害が大きく、両県で全体の3割を占めている。

 全国のナラ枯れの被害量は1%減の8万2000立方メートル。夏の高温少雨の影響で、倍増した前年度に引き続き高止まりの状態が続いた。

 都道府県別に見ると、32府県で被害が発生、14県で被害が増えた。被害が大きかったのは奈良県と秋田県。奈良県は特に、前年度の5・3倍で、全国最大の伸び率となった。被害が減ったのは18府県だった。

 松くい虫は松に、ナラ枯れはクヌギやコナラなどに感染し、木を枯らす。大雨で土砂崩れを引き起こすなど、森林機能を低下させる原因となる。

松くい虫 過去40年で被害最少 媒介昆虫 駆除進む 16年度

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

    中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

  3. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

    リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  4. 東京都、中小企業のクラウドサービス移行に助成金…省エネ支援で

  5. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  6. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  7. 設備工事上場大手10社の16年4~9月期決算。受注高、各分野で増加傾向

  8. 意外と知らない(経営者なら知っておくべき)「法人格」ってなに?

  9. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  10. 余裕資金をつくるには?

アクセスランキングをもっと見る

page top