シャープ「ロボホン」にWi-Fi専用モデル/ビジネスプレミアムプランも提供 画像 シャープ「ロボホン」にWi-Fi専用モデル/ビジネスプレミアムプランも提供

IT業務効率

 シャープは2016年4月から販売を開始したモバイル型ロボット電話「ロボホン」にモバイル通信機能を省いたWi-Fi専用モデル「SR-02M-W」を10月6日から発売する。価格は138,000円(税別)。

 Wi-Fi専用モデルはモバイル通信機能を搭載するロボホンと外観のデザインやサイズ、二足歩行に対応してお話やダンスをしたり、カメラ機能やフォーカスフリーの小型レーザープロジェクターを搭載するところなどは変わらない。

 通常ロボホンを使用するためには月額980円の「ココロプラン」への加入が必要になるが、Wi-Fiモデルは本体価格にココロプランの1年分使用料金が含まれているため、期間中は無料で使うことができる。

 法人ユーザー向けにはロボホンを受付など接客や商品説明などのプレゼンテーションに利用できる専用アプリ「ビジネスプレミアムプラン」も提供する。

シャープ「ロボホン」にWi-Fi専用モデル……138,000円とお求めやすく

《山本 敦》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ

    ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ

  3. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

    すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  4. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  5. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  6. 戸田建設、技研(つくば市)にAI搭載ロボット導入/施設紹介に活用

  7. 熊谷組ら、不整地運搬車の自動走行技術開発/省人化で生産性向上

  8. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  9. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  10. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top