日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画 画像 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

インバウンド・地域活性

 ◇施工は新日本建設ら、商業施設や共同住宅整備
 大和ハウス工業ら3社が東京都北区の日本油脂(現日油)王子工場跡地(約2・9ヘクタール)で計画している開発事業が、11月末から順次着工する。敷地中央には三井住友ファイナンス&リースが商業施設を整備。新日本建設の設計・施工で、12月初めの着工、18年10月末の竣工を予定。南東側には大和ハウス工業とコスモスイニシアが共同住宅を建設する。設計は長谷工コーポレーションが手掛け、施工も同社が行う見込み。11月末の着工、20年3月末の竣工を目指す。
 同跡地の所在地は豊島4の1の40ほか。南側は隅田川に面し、北側には都市再生機構の「豊島五丁目団地」がある。いずれの事業者も同跡地を所有していた都市機構から土地を取得した。
 商業施設の計画名称は「(仮称)ビバホーム豊島店新築工事」。ホームセンターチェーンの運営を手掛けるLIXILビバが事業に参画する見込み。敷地面積は1万6937平方メートル。建物はS造3階建て延べ9908平方メートルの規模。事業者が6月に区に提示した開発概要によると、1階にはホームセンター、2階にはスーパーマーケット、3階には地域交流と高齢者支援を行うコミュニティーセンターが入る。敷地北側と建物屋上には駐車場(300台程度)を配置する。
 共同住宅の計画名称は「(仮)北区豊島4丁目計画」。敷地面積は5608平方メートル。建物規模はRC造15階建て延べ1万9197平方メートルで、高さは44メートル。開発概要によると、住戸数は約220戸。
 計画地南側には、大和ハウス工業とコスモスイニシアが単独または共同で、約1400平方メートル規模の公園を整備する。本年度末の造成開始、20年春の開業を目指す。LIXILビバは10月から周辺道路を拡幅する予定。18年3月末の完了を目指す。公園整備と道路拡幅の費用は、都市機構が全額負担する予定だ。公園と道路の拡幅部は整備後区に移管する。
 このほか、開発事業に伴い、都が隅田川護岸のスーパー堤防を整備する。

大和ハウス工業ら/日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)/11月末から順次着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は?

    【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は?

  3. 横浜市の文化体育館再整備、2棟の体育施設とホテル、飲食店

    横浜市の文化体育館再整備、2棟の体育施設とホテル、飲食店

  4. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  5. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  6. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  7. 東海環状道・岐阜山県トンネルが起工

  8. 愛知県豊川市、2工場撤退跡地活用で説明会開く/イオンモール進出、市は文化会館整備

  9. 魚肉も美味!キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス

  10. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

アクセスランキングをもっと見る

page top