女子パトレンジャー結成!女性目線で作業環境改善/加藤建設(愛知県蟹江町) 画像 女子パトレンジャー結成!女性目線で作業環境改善/加藤建設(愛知県蟹江町)

人材

 加藤建設(愛知県蟹江町、加藤徹社長)は、建設現場の環境改善を進めるため、女性社員で構成する「女子パトレンジャー」(女子パト隊)を編成し、活動を展開中だ。女性の目線で建設現場の作業環境を改善してもらうのが目的。現場のトイレや休憩所の装飾をはじめ、自社が進める環境改善活動「エコミーティング」などにも参加し、建設現場の環境改善策やイメージアップ対策、環境対策などを提案し、実践している。
 女子パト隊は昨年2月に設置。当初、自社の現場を訪ね、作業環境の評価などを行っていたが、誰もが働きやすい現場環境を具体的に提案し、それを現場の担当者と相談しながら実施するように活動を変更。例えばトイレの出入り口が外から見えないように目隠しパネルを設置したり、殺風景な現場事務所や休憩室に装飾した鍵掛けやハンガー掛けなどを設けたりしている。野外の休憩スペースも木調パネルで囲い、ベンチや椅子、さらには植物なども置き、作業員がくつろげる空間を創出している。
 現在、本社の女性事務系職員5人で構成。東京支店にも同様な組織を今年に入り設けた。同社では女子パト隊の活動を本格化させるため、各担当者を漫画で描いたイメージポスターを作成。現場で働く人たちの声を聞きながら、多くの現場に女子パト隊を派遣し、現場の作業環境の改善に取り組む方針だ。

加藤建設(愛知県蟹江町)/女子パトレンジャー編成/女性目線で現場の作業環境改善

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. “世界最高のモチベーションカンパニー”を目指した健康経営の取り組みとは?

    “世界最高のモチベーションカンパニー”を目指した健康経営の取り組みとは?

  2. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

    建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  3. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  4. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  5. 西武建設/社長に佐藤誠取締役兼専務執行役員昇格/4月1日就任

  6. 国交省 田村計 土地建設産業局長が就任会見/働き方改革、民間の理解と浸透広げる

  7. 社歌に出会う旅 1~豊橋商工会議所「社歌ラップ・ワークショップ」~

  8. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか/第3回 働き続けられる環境を整備する

  9. 日立ビルシステムの社長に佐藤寛会長、4月1日就任

  10. 事業承継と親族後継者の「学び」

アクセスランキングをもっと見る

page top