女子パトレンジャー結成!女性目線で作業環境改善/加藤建設(愛知県蟹江町) 画像 女子パトレンジャー結成!女性目線で作業環境改善/加藤建設(愛知県蟹江町)

人材

 加藤建設(愛知県蟹江町、加藤徹社長)は、建設現場の環境改善を進めるため、女性社員で構成する「女子パトレンジャー」(女子パト隊)を編成し、活動を展開中だ。女性の目線で建設現場の作業環境を改善してもらうのが目的。現場のトイレや休憩所の装飾をはじめ、自社が進める環境改善活動「エコミーティング」などにも参加し、建設現場の環境改善策やイメージアップ対策、環境対策などを提案し、実践している。
 女子パト隊は昨年2月に設置。当初、自社の現場を訪ね、作業環境の評価などを行っていたが、誰もが働きやすい現場環境を具体的に提案し、それを現場の担当者と相談しながら実施するように活動を変更。例えばトイレの出入り口が外から見えないように目隠しパネルを設置したり、殺風景な現場事務所や休憩室に装飾した鍵掛けやハンガー掛けなどを設けたりしている。野外の休憩スペースも木調パネルで囲い、ベンチや椅子、さらには植物なども置き、作業員がくつろげる空間を創出している。
 現在、本社の女性事務系職員5人で構成。東京支店にも同様な組織を今年に入り設けた。同社では女子パト隊の活動を本格化させるため、各担当者を漫画で描いたイメージポスターを作成。現場で働く人たちの声を聞きながら、多くの現場に女子パト隊を派遣し、現場の作業環境の改善に取り組む方針だ。

加藤建設(愛知県蟹江町)/女子パトレンジャー編成/女性目線で現場の作業環境改善

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 建設コンサル大手14社/18年春採用は新卒、中途とも横ばい/19年春は9社が増員

    建設コンサル大手14社/18年春採用は新卒、中途とも横ばい/19年春は9社が増員

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  4. カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

  5. 国交省、建設業女性の入職や定着支援/中小企業経営者向けにワークショップも

  6. 中小企業社長の決めゼリフ!Vol.2「よりよい社会を作っていこう」/(株)イマクリエ 鈴木信吾さん

  7. ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

  8. 東洋建設/働き方改革への取り組み強化/19年度末に全作業所で4週6閉所

  9. ヒューマンタッチ総研が2025年の建設技術者数を独自試算/6.7万人減少

  10. 迫る中小経営者の大量引退時代、廃業ラッシュは食い止められるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top