今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化 画像 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

制度・ビジネスチャンス

 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力――。小売り各社がクリスマスケーキの予約受け付けを始めた。12月23、24日が土、日曜日に当たる今年は家庭需要が見込めることから、定番のショートケーキを強化。銘柄イチゴをふんだんに使う限定品や、アレルギーや糖質制限といった健康志向に対応する商品が目立つ。

 イチゴ尽くしのショートケーキを目玉にするのは、洋菓子大手の不二家(東京都文京区)。「クリスマスあまおう苺(いちご)たっぷりの贅沢(ぜいたく)ショートケーキ」(直径15センチ、8000円)は、「あまおう」18粒を使い、側面にもカットしたイチゴが見えるようデザインした。

 同社は「これほど多くのあまおうを使うのは初めて。あまおうブランドの価値を訴求したい」と強調。12月23~25日の3日間のみ、要予約、数量限定で売り込む。

 洋菓子大手の銀座コージーコーナー(東京都新宿区)は、「紅ほっぺのデラックスクリスマス」(直径13センチ、5400円)を1000台限定で用意。1台に「紅ほっぺ」を15・5粒使う。「昨年初めて出した紅ほっぺの商品が好評だった。味がケーキによく合う」と同社。

 米粉や大豆粉、豆乳を原料にした「小麦と卵と乳を使わないデコレーション」(直径15センチ、3240円)も取り扱い、「アレルギーの子どもに配慮した商品で、年々伸びている」という。

 コンビニエンスストアのミニストップ(千葉市)は同じく特定アレルゲン7品目不使用の「いちごづくしのクリスマスケーキ」(直径15センチ、3780円)を用意。低糖質のチーズケーキも今年から取り扱う。

たっぷりイチゴで勝負 健康志向にも力 Xマスケーキ予約開始

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

    ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  2. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

    ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  3. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

    「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  4. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  5. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  6. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  7. 「道の駅」から始まる自動運転、必要な2つのニーズとは?

  8. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  9. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  10. いま「従業員持株会」が注目されるワケとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top