今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化 画像 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

制度・ビジネスチャンス

 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力――。小売り各社がクリスマスケーキの予約受け付けを始めた。12月23、24日が土、日曜日に当たる今年は家庭需要が見込めることから、定番のショートケーキを強化。銘柄イチゴをふんだんに使う限定品や、アレルギーや糖質制限といった健康志向に対応する商品が目立つ。

 イチゴ尽くしのショートケーキを目玉にするのは、洋菓子大手の不二家(東京都文京区)。「クリスマスあまおう苺(いちご)たっぷりの贅沢(ぜいたく)ショートケーキ」(直径15センチ、8000円)は、「あまおう」18粒を使い、側面にもカットしたイチゴが見えるようデザインした。

 同社は「これほど多くのあまおうを使うのは初めて。あまおうブランドの価値を訴求したい」と強調。12月23~25日の3日間のみ、要予約、数量限定で売り込む。

 洋菓子大手の銀座コージーコーナー(東京都新宿区)は、「紅ほっぺのデラックスクリスマス」(直径13センチ、5400円)を1000台限定で用意。1台に「紅ほっぺ」を15・5粒使う。「昨年初めて出した紅ほっぺの商品が好評だった。味がケーキによく合う」と同社。

 米粉や大豆粉、豆乳を原料にした「小麦と卵と乳を使わないデコレーション」(直径15センチ、3240円)も取り扱い、「アレルギーの子どもに配慮した商品で、年々伸びている」という。

 コンビニエンスストアのミニストップ(千葉市)は同じく特定アレルゲン7品目不使用の「いちごづくしのクリスマスケーキ」(直径15センチ、3780円)を用意。低糖質のチーズケーキも今年から取り扱う。

たっぷりイチゴで勝負 健康志向にも力 Xマスケーキ予約開始

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

    【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  2. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  3. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  4. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

  5. 事業承継税制が大幅に改正される

  6. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  7. 大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

  8. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  9. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?

  10. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

アクセスランキングをもっと見る

page top