インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展 画像 インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼インバウンドマーケティングの原点である「外国人目線」を忘れないこと
▼インバウンドのトレンドは進化している。その流れを確実につかむこと
▼インバウンド客数ではなく、お金をいかに落としてもらうかに注力せよ

 観光ビジネスを支援する企業や団体が多数出展する世界最大級の旅行イベント「ツーリズムEXPOジャパン2017」が、2017年9月21日から23日の期間、東京ビッグサイトで開催された。

 今回、特筆されるのは、日本の将来を左右するインバウンドについてフィーチャーした展覧会「インバウンド・観光ビジネス総合展」が、「ツーリズムEXPOジャパン2017」内のフェアinフェアとして初開催(主催:ツーリズムEXPOジャパン、日本経済新聞社)されたことだ。

 HANJO HANJOでは、「インバウンド・観光ビジネス総合展」で何が語られたのかに注目し、複数のセミナーから重要なテーマやワードを抽出。今後のインバウンドビジネスや地域創生プロジェクトに向けての課題や問題解決の手がかりとなるような特集を構成する。

 第一回目は9月21日に行われたセミナー『2020年に向けて!インバウンド最新動向からみる今後の課題』~講師:やまとごころ代表取締役 兼 インバウンド戦略アドバイザー 村山慶輔氏~(やまとごころはインバウンド観光に特化したBtoBサイト「やまとごころ.jp」を運営)より、日本のインバウンドの現状と企業や自治体が今後進むべき方向についてのリポートをお届けする。


■インバウンドの原点「外国人目線」を忘れるな

 まず初めに村山氏は7月に香港で開催された「香港ブックフェア」を紹介し、そこで行われた「アニメツーリズム」のPRについて説明した。「アニメツーリズム」とは日本製アニメや漫画のファンが、作品の舞台となった土地を訪れる旅行のこと。8月には一般社団法人アニメツーリズム協会により「アニメ聖地88ヶ所」が決定されるなど、アニメをテーマに“巡礼”という形で日本広域をつなぐことで、インバウンドの効果を得ることを目的としている。

 それに関連してインドネシア人が日本を訪れたときに食べたいものとして、寿司・天ぷらに続いてどら焼きが人気であることを紹介。この例も日本の国民的アニメの影響が強く表れている事例だと言えるだろう。

「外国人目線になることがインバウンドマーケティングの原点である」と村山氏は強調し、実際に海外に足を運ぶこと、外国人にヒアリングすることの重要性を説いた。

 そもそもインバウンドの現状はどうなっているのか。訪日外国人は2016年に2400万人を達成し、2017年も8月時点で2000万人を超えている。訪日外国人は右肩上がりに上昇、そのうち80%がアジア圏からの訪日である。

 今後の見通しとして政府が掲げる目標は「2020年に訪日外国人数4000万人、訪日外国人旅行消費額8兆円」。さらに2030年には訪日外国人数6000万人、訪日外国人旅行消費額15兆円という次の目標も立てている。この数値について村山氏は2020年の4000万人は2016年の2倍にも満たないが、旅行消費額は2016年の3.7兆円に比べ2倍以上となっているということに注目。この金額を達成するためには訪日外国人一人あたりの消費単価を上げていく必要があると強調した。

 その施策の一つとして挙げられたのが「ナイトエンターテイメント」。青森県八戸市の朝市、横丁の事例(朝は早起きして朝市を楽しみ、夜は横丁で郷土の味や地酒を楽しむ)を挙げ、早朝や夜の消費を増やすと同時に、宿泊への誘導を狙うことで消費単価を上げることへの重要性を語った。

「世界的に海外旅行者が増えるという状況を踏まえ、東京オリンピック後も訪日外国人は安定して伸びる見通しである」(村山氏)。つまりこの先のインバウンドは「爆買い」のようなバブルではなくトレンドになることが期待できるのだ。


《川口裕樹/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 東海環状道・岐阜山県トンネルが起工

    東海環状道・岐阜山県トンネルが起工

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  6. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 泉岳寺駅地区再開発、事業協力者公募手続き開始/民間のノウハウを生かした施設計画へ

  10. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

アクセスランキングをもっと見る

page top