時事エッセイ/伊達公子から学ぶ「観戦力」の鍛え方 画像 時事エッセイ/伊達公子から学ぶ「観戦力」の鍛え方

人材

 女子テニスの世界ランク4位まで上り詰めた伊達公子さんが引退した。1996年にいったんコートを離れたが、2008年に37歳で現役復帰。けがを抱えながら9年半にわたって世界最高峰の舞台で輝きを放ち、2度目の引退を決断した▼「得意だから」との理由で、主導権を握りやすいサーブよりレシーブを好んだ。上がり際のボールをたたく「ライジングショット」が代名詞。テンポを変えてボールを打ち返す特技は、観客だけでなく相手選手も魅了。まねをしたテニス愛好家も少なくない▼最初に世界ランク上位に躍り出たのは90年代初頭。日本人がテニスでも世界を相手にできることを実証し、メディアやファンとプロスポーツ選手の向き合い方にも新風を吹き込んだ▼ゴシップ記事を書いたメディアには「取材は受けません」と言明。日本での熱戦中、ボールをネットに引っ掛けた際に客席から漏れた「あぁ~」のしぼみ声に、「ため息ばっかり」と叫び返し、落胆より鼓舞を求めた▼世界のトップ選手の試合を間近に観戦できる東京五輪まで3年弱。迎える側として観戦する目と姿勢をさまざまな競技で鍛えたい。

回転窓/観戦力を鍛えてみよう

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

    「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

  2. 国交省、建設業女性の入職や定着支援/中小企業経営者向けにワークショップも

    国交省、建設業女性の入職や定着支援/中小企業経営者向けにワークショップも

  3. 国交省 田村計 土地建設産業局長が就任会見/働き方改革、民間の理解と浸透広げる

    国交省 田村計 土地建設産業局長が就任会見/働き方改革、民間の理解と浸透広げる

  4. 国交省人事/次官に毛利信二氏、森昌文技監は留任

  5. 船内体験が新入社員を強くする!いま企業が注目する「セイルトレーニング」

  6. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  7. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が

  8. 熊谷組、熊栄協力会と建設業の魅力発信活動展開/都内で高校生向け現場交流会

  9. 自動車業界特化型「人財」紹介サービス「KURUMAYA.net」がスタート

  10. ミドル人材の転職「増える」7割、キーワードは「首都圏から地方中小へ」

アクセスランキングをもっと見る

page top