野生きのこが山から続々と!10月14、15日は「きのこ祭」/JA上伊那東伊那支所 画像 野生きのこが山から続々と!10月14、15日は「きのこ祭」/JA上伊那東伊那支所

インバウンド・地域活性

 長野県駒ケ根市のJA上伊那東伊那支所で今週、野生きのこの受け入れと直売が始まった。今年は気象の影響などで出荷量が心配されたが、目玉のマツタケをはじめ、ズボウ(ショウゲンジ)やイクチなどが順調に入荷している。新鮮なきのこを心待ちにしていた人が多く訪れ、贈答用や家庭用に購入していった。

 同市の出荷者は「山は乾いているが、菌がしっかり繁殖している所もある。今後の気象条件に期待したい」と話す。出荷のピークは10月上旬を予想している。

 マツタケは現在、等級に応じて1キロ1万5000~5万円で販売。直売所で受け入れたきのこは市場出荷も行い、翌日に持ち越さないようにしており、毎日新鮮なきのこが購入できると好評だ。マツタケだけでも1日100キロほど集荷されることもあり、ピーク時は多くの人でにぎわう。

 同市の東伊那、中沢地区は野生きのこが特産で、同支所では10月14、15の両日、地元産きのこの特価販売などを行う恒例の「きのこ祭」を開く。マツタケをふんだんに使った予約制のきのこ宴会は特に人気が高く、毎年県内外から多くの人が訪れる。

 直売は10月中・下旬までの予定。問い合わせは同支所、(電)0265(82)4003。

きのこ 山から続々と 直売客どっと 長野・JA上伊那東伊那支所

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  5. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  6. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

アクセスランキングをもっと見る

page top