ラーメン専用国産小麦「ラー麦」の中華麺誕生!/福岡「麺美人」 画像 ラーメン専用国産小麦「ラー麦」の中華麺誕生!/福岡「麺美人」

インバウンド・地域活性

 福岡県の麦生産者でつくるJA全農ふくれん硬質麦研究会は21日、ラーメン専用の国産小麦「ラー麦(ちくしW2号)」を使って商品開発した半生中華麺「麺美人」を発表した。生産者がラー麦商品の開発に携わるのは初めて。23日から福岡空港、JR博多駅などで売り出す。販売店を順次増やしていく予定だ。

 ラー麦は2017年、県内で約1800ヘクタールで栽培。製粉・製麺業者や県内のラーメン店200店舗と連携する。県を挙げた消費拡大の取り組みは、輸入小麦に対抗する先進事例として注目を集める。

 新商品の「麺美人」は研究会と九州丸一食品(福岡市)が共同開発した。土産としてラー麦の名を全国に広める狙い。ストレートの細麺でこしが強いのが特徴。1人前の半生麺(90グラム)にとんこつ味のスープ(33グラム)が付く。パッケージは女性が手にしやすいデザインにした。

 21日は発売記念イベントを博多駅前で開いた。生産者が街頭に立ち「福岡県産ラー麦のおいしいラーメンです。ぜひ食べて」と消費者に無償配布した。22日までの2日間で、合計6000食分を無料配布し、PRする。

「ラー麦」麺誕生 生産者が商品開発 福岡土産にぜひ 全農ふくれん

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  2. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

    新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  3. ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

    ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

  4. 西宮駅南西地区再開発、37階建てなど3棟を計画

  5. 急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

  6. 首都圏Look at/都内に200m超ビル続々/都心のスカイライン様変わり

  7. 中部空港隣接地に大規模展示場建設、五輪の展示場不足見込み

  8. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…なぜトランスミッションを内製するのか

  9. 【レジャー&サービス産業展】訪日外国人観光客が増加する中、インバウンドに商機を!

  10. 首都高1号羽田線東品川桟橋・鮫洲埋立部更新/迂回路切替で本線整備へ

アクセスランキングをもっと見る

page top