衆院総選挙に向けて、はやくも「必勝」煎餅が! 画像 衆院総選挙に向けて、はやくも「必勝」煎餅が!

制度・ビジネスチャンス

 安倍晋三首相が衆議院解散・総選挙に踏み切る意向を固めたと伝わる中、東京都江東区の米菓店「みなとや」で、選挙事務所の茶菓子として需要がある「必勝」と描かれた煎餅が着々と作られている。

 創業70年目の同店は、原料には栃木県など北関東産のうるち米を使用。しょうゆ味の丸い煎餅に、天然色素による特殊な印刷で勝利を願う文字を描いている。

 同社の青木毅司社長が「気持ちを伝える商品を作りたい」と考え、10年ほど前に受験やスポーツの応援用に発売。その後、選挙向けの注文も舞い込むようになった。

 普段の販売量は月に500枚ほどだが、衆院選の際は1回当たり1500枚は売れるという。青木社長は「候補者が多い衆院選では注文が多い。何とか乗り切りたい」と総選挙の実施を念頭に話す。価格は30枚入り3550円。注文はインターネットや電話で受ける。(木村泰之)

[活写] 応援 はや“加熱”

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  4. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  5. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  6. 中小企業の事業承継に、日本的M&Aという新たな選択肢

  7. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  8. 外国メーカー車販売台数が20年ぶりに30万台超へ

  9. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  10. お金をかけなければ、知恵が生まれる

アクセスランキングをもっと見る

page top