千葉県習志野市/大久保地区公共施設再生事業、初弾は公民館・図書館棟 画像 千葉県習志野市/大久保地区公共施設再生事業、初弾は公民館・図書館棟

インバウンド・地域活性

 千葉県習志野市は、PFIを導入する「大久保地区公共施設再生事業」の基本設計を公表した。施設は▽北館(公民館・図書館)▽同別棟▽南館▽民間施設-で構成。民間施設については、PFIの対象事業外となる。総延べ床面積は8972平方メートルを想定。初弾で新築する北館(公民館・図書館棟)が18年6月の着工、19年8月完成を予定している。
 京成線京成大久保駅南側の中央公園(本大久保3の12)から1キロ圏内の公共施設群を統合する計画。建物の規模は、北館(公民館・図書館)と別棟が合わせてRC・S造4階建て延べ4906平方メートル、南館がRC・S造3階建て延べ2472平方メートル、民間施設が地下1階地上3階建て延べ1594平方メートルを想定。事業は北館(公民館・図書館)がBTO(建設・移管・運営)方式、別棟と南館がRO(改修・運営)方式で行う。
 南館の改修工事は18年11月に開始し、19年8月に完了。別棟の改修工事は19年11月に着手し、20年5月の完成を予定している。
 事業者はスターツグループの構成員が出資した特別目的会社(SPC)の「習志野大久保未来プロジェクト」。グループの代表企業はスターツコーポレーション(事業マネジメント)で、構成員はスターツファシリティーサービス(運営・維持管理)、スターツCAM(設計・工事監理・施工)、熊谷組(施工)、三上建築事務所(設計・工事監理)。協力会社として青木茂建築工房(設計・工事監理)、日比谷アメニス(工事・維持管理)、図書館流通センター(運営)、アシックスジャパン(運営)、ケーアンドイー(施工)が参画している。

千葉県習志野市/大久保地区公共施設再生PFI/18年6月に初弾着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  8. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  9. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  10. 日本女子大学、目白キャンパス新図書館棟/設計は妹島和世氏

アクセスランキングをもっと見る

page top