これはプレミアム!「本物の広島菜古漬け」再現/広島県の6駅で限定販売 画像 これはプレミアム!「本物の広島菜古漬け」再現/広島県の6駅で限定販売

インバウンド・地域活性

 地域特産である広島菜漬けの製造、販売を手掛けるJA広島市は、地域に伝わる“本物の古漬け”を再現した新製品「広島菜古漬けPremium古(プレミアムいにしえ)」を発売した。土産物店向けの商品開発を進めるJR西日本と提携して商品化し、広島県内の駅限定で販売している。

 「Premium古」は発酵状態が良好な部分だけを用いるため、商品になるのは広島菜を漬けたたるの中のわずか1割ほど。6カ月以上熟成させ、丁寧に漬け換えた広島菜を、約1日の低温殺菌で生の歯応えを残すよう仕上げる。

 調味に使う昆布やかつおだしは厳選したものを用い、一口食べるとうま味と小気味良い食感が口の中に広がる。刻んで茶漬けにすると、より一層風味が引き立つ。

 JR西日本が商品化に協力した。同社がJAに広島菜商品の展開を提案。“本物の古漬け”を商品化したいと考えていたJAの思いが重なり、昨年10月から商品化に取り組んでいた。

 県内の広島、三原、東広島、西条、呉、宮島口のJR各駅構内の「おみやげ街道」で7月から販売している。売価は1080円(180グラム)で、高級感のあるパッケージは、帰省や出張時の手土産などに最適だという。

 JA広島菜漬センターの藤本康隆さんは「保存食として、原産地の川内(広島市安佐南区)で昔から食べられていた古漬けを手本に再現した。新たな食べ方の提案で、ブランド力を高めていきたい」と話す。 

「本物の古漬け」再現 JA広島市 プレミアム商品 JR西と提携 県内6駅で限定販売

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 練馬光が丘病院移転改築/整備・運営は地域医療振興協会に

  8. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  9. 広島県三原駅前東館跡活用/図書館棟と広場、ホテル棟も

  10. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

アクセスランキングをもっと見る

page top