豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ 画像 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

インバウンド・地域活性

 東京・豊島区の高野之夫区長は6日、区役所で記者会見し、池袋駅西口前にある「池袋西口公園」(西池袋1、3123平方メートル)を円形の劇場広場にする計画を発表した。劇場の直径は約40メートル。外周を六つの輪状のひさしで形成し、常設と仮設の二つのステージを備える。非常時は防災広場として活用する。11月末までに基本計画、12月~18年8月末に基本・実施設計をまとめる。19年1月の着工、同10月末の竣工を目指す。設計は基本計画策定業務を担当する三菱地所設計・ランドスケープ・プラスJVに随意契約で委託する見通しだ。
 国内で広大な公園の一部に劇場を設ける事例はあるが、公園全体を劇場にする計画は珍しい。記者会見で高野区長は三菱地所設計JVが提案した計画案の概要を公表した。
 計画案によると、公園の新名称は「(仮称)GLOBAL RING」。同公園の敷地がかつて「丸池」と呼ばれる弦巻川の水源池だったことから、大きな輪をモチーフとした。円形のため全方向からのアクセスが可能だ。
 劇場外周の一部には常設の「コアステージ」(60平方メートル)、中央には仮設の「センターステージ」(直径6メートル)を設け、イベント内容によって使い分ける。センターステージはフルオーケストラの演奏が可能な規模という。隣接する東京芸術劇場と連携したイベント展開も想定している。
 高野区長は、公園の劇場化が「西口で計画されている再開発の先導的な役割を担う」と明言。その上で区内に「池袋を中心としたにぎわいをつくっていきたい」と述べた。

東京・豊島区・高野之夫区長が会見/池袋駅西口公園再整備計画/円形の劇場広場へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  2. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  3. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

    20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  4. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  5. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  6. 新宿ミラノ座再開発、12月に東急建設が解体着手

  7. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  8. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  9. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  10. 桜美林学園が新宿区に新キャンパス整備、財務省から土地と建物を取得

アクセスランキングをもっと見る

page top