時事エッセイ/「明治記念大磯邸園」維新から150年目の節目に 画像 時事エッセイ/「明治記念大磯邸園」維新から150年目の節目に

インバウンド・地域活性

 明治維新から150年目を迎える2018年に、政府は神奈川県大磯町に残る初代首相・伊藤博文の旧邸宅などが並ぶ一角を「明治記念大磯邸園」として整備するという▼対象地は伊藤の旧宅や隣接する旧池田成彬邸(旧西園寺公望邸)、旧大隈重信邸、旧陸奥宗光邸など計6ヘクタール。整備後は公開し、明治期の立憲政治の歴史を後世に伝える▼大磯は東京から鉄道で1時間という立地に加え、白砂青松の美しい景色や温暖な気候が政財界の大物や文人に好まれ、明治・大正期にぜいを尽くした和・洋館が軒を連ねた。開発の波で当時の建築は少なくなったが、今も大磯駅から吉田茂邸がある城山地区までの歩ける範囲に集中して残る▼文化的価値の高い建物を展示する博物館も貴重だが、建築はやはり建てられた地にあってこそ、その価値がよく理解できる。どのように地域と調和しているのか。そうした設計の工夫は現地でないと分からない▼大磯に残る貴重な建物群を残し、街全体を「生きた建築の野外博物館」として活用できないものか。邸園の整備をきっかけに、地域資産を連携する観光振興モデルの提案が出てくることを期待したい。

回転窓/生きた建築の野外博物館に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

    羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  2. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

    岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  3. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 日本レーベンが札幌市中央区にサ高住複合施設を計画。医療施設併設、11月着工めざす

  10. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

アクセスランキングをもっと見る

page top