清水建設、経年ビルの取得再生事業に進出/最新性能付加し物件価値を最大化 画像 清水建設、経年ビルの取得再生事業に進出/最新性能付加し物件価値を最大化

制度・ビジネスチャンス

 清水建設は経年ビルに最新性能の設備を導入し、価値を高めながら再生する「サステナビリティ・リノベーション事業」に乗り出した。設備更新期を迎えた既存建物を取得した上で、最新の環境性能やBCP(事業継続計画)対応、健康・快適性を備えた高付加価値の建物に再生する。初弾として、東京都江東区にある自社施工の事務所ビルでリノベーション工事を進めている。
 同事業では、清水建設が対象となる建物を取得した上でスキームを組み立て、リノベーション工事の計画から設計、施工を手掛ける。リノベーション後のビルマネジメント業務もグループ会社が担当し、物件価値の維持・向上を図る。自社施工の既存ビルを中心に、年間3~5件の事業化を目指す。
 初弾の「DSBグループ潮見ビル」は3月に信託受益権を取得。一棟借りの既存テナントが入居した状態で、来年1月までリノベーション工事を進める。
 工事ではBCP強化や省エネルギー化、健康・快適性の向上を柱とした大規模改修を実施。BCP強化では非常用電源・空調・給排水の72時間対応や天井などの非構造部分の耐震化、水害対策、省エネ化では照明器具のLED化やトイレの節水対応など、健康・快適性ではトイレや給湯室の更新、シャワー室の新設などを行っている。
 リノベーションによる建物価値とテナント満足度の向上によって、同ビルはテナント企業と新たに長期賃貸借契約を締結できた。さらに同ビルの信託受益権はヒューリックに売却済みで収益を得ている。
 同社は10年に策定した長期ビジョンで、建設業に次ぐ第二、第三の柱を目指す重点分野に「サステナビリティ事業」と「ストックマネジメント事業」に設定している。今後、両事業を融合したサステナビリティ・リノベーション事業を注力事業の一つとして展開する方針だ。

清水建設/経年ビルの取得・再生事業に進出/最新性能付加し物件価値を最大化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  2. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

    名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  3. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

    東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  4. 意外と知らない(経営者なら知っておくべき)「法人格」ってなに?

  5. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  6. 農業生産工程管理(GAP)専用売り場広がる/付加価値商品としてPR

  7. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  8. 【3Dプリンターと製造業:5】ものづくり補助金で選ばれる事業とは?

  9. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  10. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

アクセスランキングをもっと見る

page top