清水建設、経年ビルの取得再生事業に進出/最新性能付加し物件価値を最大化 画像 清水建設、経年ビルの取得再生事業に進出/最新性能付加し物件価値を最大化

制度・ビジネスチャンス

 清水建設は経年ビルに最新性能の設備を導入し、価値を高めながら再生する「サステナビリティ・リノベーション事業」に乗り出した。設備更新期を迎えた既存建物を取得した上で、最新の環境性能やBCP(事業継続計画)対応、健康・快適性を備えた高付加価値の建物に再生する。初弾として、東京都江東区にある自社施工の事務所ビルでリノベーション工事を進めている。
 同事業では、清水建設が対象となる建物を取得した上でスキームを組み立て、リノベーション工事の計画から設計、施工を手掛ける。リノベーション後のビルマネジメント業務もグループ会社が担当し、物件価値の維持・向上を図る。自社施工の既存ビルを中心に、年間3~5件の事業化を目指す。
 初弾の「DSBグループ潮見ビル」は3月に信託受益権を取得。一棟借りの既存テナントが入居した状態で、来年1月までリノベーション工事を進める。
 工事ではBCP強化や省エネルギー化、健康・快適性の向上を柱とした大規模改修を実施。BCP強化では非常用電源・空調・給排水の72時間対応や天井などの非構造部分の耐震化、水害対策、省エネ化では照明器具のLED化やトイレの節水対応など、健康・快適性ではトイレや給湯室の更新、シャワー室の新設などを行っている。
 リノベーションによる建物価値とテナント満足度の向上によって、同ビルはテナント企業と新たに長期賃貸借契約を締結できた。さらに同ビルの信託受益権はヒューリックに売却済みで収益を得ている。
 同社は10年に策定した長期ビジョンで、建設業に次ぐ第二、第三の柱を目指す重点分野に「サステナビリティ事業」と「ストックマネジメント事業」に設定している。今後、両事業を融合したサステナビリティ・リノベーション事業を注力事業の一つとして展開する方針だ。

清水建設/経年ビルの取得・再生事業に進出/最新性能付加し物件価値を最大化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 大規模建築物の1割が震度6強以上で倒壊の危険性/国交省、25年までに耐震化めざす

    大規模建築物の1割が震度6強以上で倒壊の危険性/国交省、25年までに耐震化めざす

  2. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  3. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

    ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  4. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  5. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  6. 無電柱化推進計画、20年度までに1400キロ分実現へ

  7. 金融知力普及協会が「エコノミクス甲子園 育英奨学金」を給付

  8. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  9. 関電工、前橋市にバイオマス発電所完成/群馬県内の未利用間伐材など利用

  10. ちょっと空いた時間に駅でお仕事/東京メトロがワークブースの実証実験

アクセスランキングをもっと見る

page top