~HANJO女子~課題を自分で見つけ出し一から解決していく/コマツ建機 山関珠実さん 画像 ~HANJO女子~課題を自分で見つけ出し一から解決していく/コマツ建機 山関珠実さん

人材

 大学時代、外国語学部だったこともあり、カナダへ留学した。現地で一緒になった他国の留学生から、海外では日本の製品に対する信頼性やブランドイメージが依然として高いと聞かされた。
 「日本のモノづくりのレベルの高さを改めて知り、メーカーで働きたいと思うようになった。中でもインフラ整備など幅広く社会に貢献できる建設機械メーカーに魅力を感じ、入社を決めた」と振り返る。
 現在、入社から11年目。最初の6年間は、小型エンジンなどを製造する小山工場(栃木県小山市)で生産管理に携わっていた。その後、貿易や販売企画などの部署を経て、16年4月に設置された建機マーケティング本部グローバルコミュニケーション部に異動した。
 現在の部署では、国内外の市場情報を調査し、経営陣やマーケティング担当者向けに情報を発信。社内コミュニケーションを促進し、業務を円滑化するための仕組みづくりにも携わっている。
 「今の仕事で最も難しいのは、課題や問題点を自分で見つけ出し、それを一から解決していくこと」。試行錯誤も多く、すぐに結果は付いてこないが、「常に新しいことに挑戦できるのは大きなやりがい」と目を輝かせる。
 「それぞれの部署が持っている有用な情報を部門を超えて共有できるようにすることが今の目標」と情熱を燃やす。
 (グローバルコミュニケーション部、やまぜき・たまみ)

凜/コマツ建機マーケティング本部・山関珠実さん/常に新しいことに挑戦したい

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

    建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  2. 建設キャリアアップシステム、5月から登録受付/早期申請で割引措置も

    建設キャリアアップシステム、5月から登録受付/早期申請で割引措置も

  3. 三代目社長のHANJO記:第2話――従業員の心をつかむ社内改革

    三代目社長のHANJO記:第2話――従業員の心をつかむ社内改革

  4. ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

  5. 外国人技能実習の適正実施、実習生保護へ/国土交通省、議論深める

  6. 建設コンサル大手14社/18年春採用は新卒、中途とも横ばい/19年春は9社が増員

  7. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

  8. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第2回 ITメディアの理解が人材獲得につながる

  9. 【プロ人材と地方企業:1】キーパーソン採用で攻めに転じる!

  10. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第1回 キーマンを招き入れる

アクセスランキングをもっと見る

page top